エノーラ・ホームズの事件簿―消えた公爵家の子息 (ルルル文庫)

制作 : 甘塩 コメコ  Nancy Springer  杉田 七重 
  • 小学館
3.35
  • (2)
  • (8)
  • (11)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 64
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094520309

作品紹介・あらすじ

シャーロック・ホームズの妹、元気いっぱいのお嬢様エノーラは、失踪した母が残した暗号を解くことで大都会ロンドンに向かうことに!気の詰まる貴族教育から抜け出した彼女が最初に遭遇した事件は、名門貴族嫡男の失踪事件。名探偵の兄シャーロックゆずりの推理力でエノーラが導き出すのはどんな真実なのか?ヴィクトリア朝時代のイギリスを舞台に、謎と冒険に満ちたミステリーがはじまる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お母さんが突然家出。
    さらに長兄の横暴に耐えられず、家出を敢行したエノーラ。
    一人でちゃんとやっていけるのかな?
    心配になります。。。

  • ★★★☆☆
    ホームズに妹がいたら?!
    シリーズです。巻が進むにつれ面白く^^
    ホームズ兄ちゃんたちのツンデレ度が。


    女の子が変装して都会の一人暮らし。悪漢相手にアクション有りの推理炸裂^^

    フローレンス・ナイチンゲールが出てくる巻がありまして、彼女の男前っぷりに、ナイチンゲールの伝記をもいちど読みたくなるかも☆

    (まっきー)

  • シャーロック・ホームズを全く知らない人が読めば面白いと思うかもしれない。
    この作者自身、きっとホームズが好きでよく考察しているのかなとは思うのだけれど、どうも言葉などが色々よろしくない。アメリカの作家さんだというし、きっとイギリスの階級制度に強い憧れと同時に反感も持っているのだと思う。この時代の女性の立場というものに対して強い不満を抱いているのは勝手だけれど、それをここまで口汚くののしる感じで文章にされると呆れる。

    ホームズの母親と妹を賢い女性のように描いているつもりらしいが、正直、ホームズの母や妹が本当に登場するのであれば、絶対こういう描かれ方はしないと思う。
    自由と我儘を履き違えた頭のおかしい老婦と、その人にまともに育てらる事もなかった世間知らずの少女が出てくるだけのお話。兄二人がひどい男のように書かれているが、この作者は男性に何かひどい不信でも持っていて文章の中で発散でもしているのだろうか。

    推理や暗号も正直中二病と言われるような内容でミステリというにも物足りない。これはジャンルとしては児童文学レベルだろうか。
    何やら賞などを取られた作家さんだというので期待したのに、まったくの期待はずれ。

  • ナンシー・スプリンガーさん!
    こんなところにいらっしゃいましたか!!

    ファンタジーから児童文学の場に移られて
    ご活躍だったのですね。

    本編はホームズの妹が屋敷を飛び出して
    名探偵にというストーリー。

    レディは父兄が後見して当たり前の時代、
    ジェンダー・フリーな感じが散りばめられていることに
    逆に違和感がある。

    他の3冊も読みましたが暗号解読がちょっと面倒。
    ナイチンゲールが登場する「届かなかった暗号」は
    興味深かったです。

  • YA作品。

  • 米国作家がシャーロックホームズをベースに妹が居たという設定で書いた本。
    児童書にしようかと迷ったが海外ミステリに。
    暗号も大真面目に書いているし、女性が軽く読むには素敵だと思う。

全7件中 1 - 7件を表示

ナンシー・スプリンガーの作品

ツイートする