封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ〈4〉 (ルルル文庫)

著者 :
制作 : 也 
  • 小学館
3.78
  • (12)
  • (20)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 132
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094520910

作品紹介・あらすじ

魔人・乙夜に案内された地下室で桐子達が見たものは、『人喰い』の実験体として横たわる血まみれの聖だった!鬼の本性を現し、再び襲いかかる鵺・真明と対峙する聖の姿に弓生は…?一方、乙夜が新たに仕掛けてきた勝負に自らとび込み、自分の心の奥底へ入っていった桐子。心の中はいくつもの部屋に分かれ、桐子が捨てた過去の思い出が再現されていた。桐子を案じ心の中まで迎えにきた志郎だったが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ゆ、ユミちゃんと乙女小説……

  • 魔人・乙夜に案内された地下室で桐子達が見たものは、人喰いの実験体として横たわる血まみれの聖だった。

    桐子の内面の問題をそう持ってくるか!と感嘆しました。
    鬼たちはお互いが一番で、桐子は二の次といっている場面が切ないです。
    あの場に志郎がいてくれてよかった。

  • 桐子は強そうに見えて宇和野さんの奥さんにすら敵わないのでは・・・?
    罰が乙女小説朗読ってのもなんかウケたわ~。
    大真面目なだけに余計うけるというね・・・

  • やった!とうとう売ってる本屋さんを見つけた!
    と言うわけで購入。

    鬼達は仲が良いなぁ。

  • 2月17日読了。

  • 既読。

    乙女小説なるものを朗読されて、悶絶したり、「告白」などというものをされて感慨深そうだったり、ずれてるけど毎度かわいいぞ、桐子ちゃん(笑)

    あのシーンで瞬時に彼女が立ち直れたのは、ほぼ同様のことを10歳の頃、弓生に指摘されていたことが下敷きにあるのだろうけれど、そこがちょっとはっきりしなくて残念。
    (これから伏線として出てくるのかな?)

  • 2008/11/27 23:39

全8件中 1 - 8件を表示

封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ〈4〉 (ルルル文庫)のその他の作品

霜島ケイの作品

ツイートする