かぎろひさやか 常磐 (ルルル文庫)

著者 :
制作 : 由羅 カイリ 
  • 小学館
3.81
  • (2)
  • (9)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094522792

作品紹介・あらすじ

ドラマチック万葉ラブロマン3部作、完結!

未だ結婚は許されないながらも、逢瀬を重ねる真那と八尋。しかし、世間では時の権力者・恵美押勝(えみのおしかつ)と上皇の対立が表面化し、動乱の気配が近付いてきていた。そんな最中(さなか)、真那と八尋の関係が押勝側に知られてしまう! 八尋の身を案じた真那は、押勝の娘・東子(あずまこ)に薬師を辞めると申し出るが……。権力争いに巻き込まれた一途な恋の行方は!? ドラマチック万葉ラブロマン完結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最終巻です。怒濤の展開が待っているのか、真那と八尋が激動の世の鍵を握るのかと勝手に妄想を逞しくしていたのだが、やっぱり作者らしく、ラブを中心にちんまり纏まった。
    とはいえ、作者の幸薄感な雰囲気が、キュンで大好きです。最後は幸せなぶんとても嬉しい。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3820.html

  • はや最終巻。終わるの早いかなって思うけど、ルルル文庫だとこれくらいかなぁ。押勝が出てきているところから、恵美押勝の乱が失敗するところで終わるんだろうなぁって思ってましたし。

    真那と八尋はすでに両思いだし、真那が連れ去られたりはするけど、「桜嵐恋絵巻」ほどのドキドキ感はなかったかな。

    まあ、真那が連れ去られたあとの八尋はちょっと暴走してましたけど、そこら辺のやり取りは流されてましたし、その後の話も真那が八尋父に認められるところとか結婚した後とかが読みたかったように思います。

    次作は大正時代だそうですが、また新作。できれば「乙女なでしこ恋手帖」の続きが読みたいなって思ってます。

  • 最終巻。
    八尋と恋人同士の甘い時を過ごす真那。けれど押勝の娘・東子の薬師として働いていることが八尋の立場を複雑にしていることもあり二人の結婚は未だ許されずにいた。そんな中、押勝と上皇の対立が表面化し、都の情勢は混乱する。八尋の立場を心配した真那は東子の薬師を辞める決意をするが・・・。

    押勝の勢いも前巻まででしたね。陰謀とか策略は2巻の方がすごかったので3巻はそこまでハラハラすることはなかったです。納まる所に納まった感じでハッピーエンドで良かった。
    次の深山さんの話は大正時代らしい。乙女なでしこみたいな感じなのかな?

  • 今回は前巻ほど危機もなかったし、八尋も真那もかっこよかった。
    東子に連れ去られて、どうするのかな…っと思ったら、そういうことでしたか。
    まぁ、ハッピーエンドでよかったよかった。

  • もっと読みたい気もしましたが、カップル成立してますしね~ いい具合に纏まりよく収まったと思います。読んでてふと微笑ましい気持ちになりました。お互いがお互いを大事に思うことって、やっぱり素敵。

全6件中 1 - 6件を表示

かぎろひさやか 常磐 (ルルル文庫)のその他の作品

深山くのえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする