猫かぶり花嫁と悪役公爵~恋する仮面舞踏会~ (ルルル文庫)

著者 :
  • 小学館
3.22
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094523171

作品紹介・あらすじ

王の花嫁が、謎の青年に恋をして!?

ルシェノワ王国の王女ディアーヌは、政略結婚のためロネベルク王・ユリウスに嫁ぐ。しかし王は叔父であり、影の国王と囁かれる公爵・ヨハンのいいなり。さらになぜか王はディアーヌを避け続け、そのため彼女は宮廷内で辛い立場に立たされる。
そんなある日、気晴らしのためお忍びで芝居を観に出かけたディアーヌは、脚本家のジークと知り合う。二人は意気投合し、お互いに恋心を自覚するようになるが、王妃であるディアーヌにはこの想いを封じる必要があった。
自分とジークは友達だと自分に言い聞かせながら、もらった手紙を何度も読み返すディアーヌ。しかし、宮廷内で落としてしまったその手紙を何者かに拾われてしまう。許されざる恋におちた王妃の運命は・・・!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 兄に言われるがまま嫁いだ国は、国王の叔父が
    影の国王、と呼ばれる国。

    互いに引かれあって、王様のせいで頭を悩ませるという
    ある意味最近はやりの婚約破棄もの状態。
    いや、人との繋がりというか、やりとりというか?

    主人公の兄は一体いくつで、何故妹の髪を切っても
    何も言われないのか、という裏が知りたいです。
    どれだけ偏見に満ちた考えの持ち主なのか
    そう教え込まれているのか…。
    そして本物の王様の軽さ。
    人の迷惑考えろ? と殴り倒したくなるほど
    お気楽な感じです。

  • 激甘な部分(もちろんルルル痒いところ止まり)もありの安定のクオリティー。
    でも、テーマが禁断系の不倫ものっぽくなっており、その手の話があまり好みではない方にはオススメしない。
    テーマの重さを払拭するギャグ系ヒロインなので、さくっと楽しめるロマ。ノリの軽すぎる王様のために奔走する忠義者ヨハンは良い人。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-5123.html

全2件中 1 - 2件を表示

猫かぶり花嫁と悪役公爵~恋する仮面舞踏会~ (ルルル文庫)のその他の作品

葵木あんねの作品

ツイートする