バウッダ―仏教 (小学館ライブラリー (80))

  • 小学館
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (486ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094600803

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 無我は、理論ではなくて、まさしく実践の課題として阿含経には説かれ、無我の実現を阿含経は反復して強調する。そして、その実践・実現を担い果たすのは、ほかならぬ主体であり、自己そのものである。その自己ー主体が、執着にうごめいている自我を否定し、開放し、超越する。阿含経に説かれる無我説とは、まさに以上なようなものである、ということが出来る。

    自己は、そのまま主体性であり、行為の主体であり、実践の当体であり、責任の所在であり、そして仏教の術語で言えば業の統括者として、常に明らかであり、自らに関わる一切を負う。そのような「自己」の在り方を、「ダンマパダ」は多くの詩句に説く。

    "実に、自己こそが、自己の、主。自己こそが、自己の、拠りどころ"

全2件中 1 - 2件を表示

中村元の作品

ツイートする