サルからヒトへの物語 (小学館ライブラリー)

著者 :
  • 小学館
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094600810

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キリスト教徒の中には、アダムとイブこそが人類の祖先と考え、進化論を認めない人が相当数いることは有名な話だ。これを荒唐無稽と笑うのは簡単だが、よくよく考えてみると、創造論が物語だとすれば、進化論もまた物語的であるということに気がつく。

    というのも、霊長類の進化の過程を再現することは不可能なのだから、「科学的仮説は反証可能である」という基準に照らしたとき、進化論を科学と言い切ることはできないのだ。つまり「進化論は根本的に物語的要素を内在させている」(p.9)のであり、それはまさに科学的想像力を駆使した「サルからヒトへの物語」に他ならない。

    もともと昆虫食いだったサルが、競争に負けてフルーツ食いになり、そこでもまた競争に負けて葉っぱ食いになっていく。そうして競争に負けた敗者こそが新しいニッチの開拓者となり、ついには競争相手のいない世界を手に入れて繁栄を享受する。逆説的にも劣位者が(ヒトという)優位者を生む基盤となったとするこの物語は、三文小説よりもよっぽどドラマチックだ。

  • 私は原人の話が好きなので、無意識に借りてきてた本だった。

    確か、サルから人間に変化していく過程の説明では、食生活を環境に応じて変えていくことに注目して書いてあったように思う。

    サルは木の上で生活して殆ど草食だが、木から降りて、肉食を求めたサルがヒトになった

全2件中 1 - 2件を表示

サルからヒトへの物語 (小学館ライブラリー)のその他の作品

サルからヒトへの物語 単行本 サルからヒトへの物語 河合雅雄

河合雅雄の作品

サルからヒトへの物語 (小学館ライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする