ザ・コーチ 最高の自分に気づく本 (小学館文庫プレジデントセレクト)

著者 : 谷口貴彦
  • 小学館 (2016年11月8日発売)
3.91
  • (6)
  • (10)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 69人登録
  • 13レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094700121

作品紹介

“生涯最高の自分”に気づく物語

「ゴールを設定するということは、最高の自分になると決めること」
「私たちは普段、世界をすべて見ているようで、実は何も見えていない」
「選択と決断の時こそ、人の運命が動き出す時」
「あなたが本当に心から望んでいる未来は、あなたの手によって必ず叶えられます」
「私たちは自分の言葉に洗脳される動物なのです。ならば──」
一人の老紳士との出会いが万年営業係長の人生を変える!──泣ける自己啓発書。

【編集担当からのおすすめ情報】
著者の谷口さんはコーチングの講師を育成するプロコーチでもあります。プロコーチとは誰にでも心の奥深くに眠っている本気のやる気に火を灯す熱く説得力のある言葉を持つ人です。
この本、「ザ・コーチ」は、人に理屈や思考を授けるだけの書物ではありません。ストーリーをたのしく読み進めながら、いつの間にか自分でも驚くほどの実行力が身につく本です。世の中には中身が面白くて役に立つと思わせる本は山ほどありますが、読後「こうしてはいられない」と即行動を起こしたくなる本は滅多にありません。
面白くて、役に立ち、今直ぐ夢に向かって一歩を踏み出したくなる。本書はそんな稀有な自己啓発書です。仕事をしている人はもちろん、受験や資格試験など、目の前の目標に向かって努力しているすべての人に手にとって欲しい一冊です。

ザ・コーチ 最高の自分に気づく本 (小学館文庫プレジデントセレクト)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (オーディオブック、febe)
    私たちは目標の立て方、達成の仕方は体系的に、具体的に学んでいない。この前提に立つ本書は「目から鱗が落ちる」。実際に取り入れてみると、これまた効率が上がったことを実感する。

    学校教育に取り入れて学ぶべき内容だと考える。

  • 感動の一冊だった。
    「目標設定」という基礎的なことが、全然ちゃんとできていないということを知った。また逆にそれをしっかり身につければ、最大の武器になる。

    <目標設定のキーワード>
    - 目標、目的、ゴール、夢の違いを認識する
    - 目標設定の意義 => 達成、仲間、成長
    - 目標設定のブレーキを認識する
    - 部下のゴール設定
    - やりがいの話
    - ゴールツリーと計画表

    また同時に小説風で書かれているので、共感しやすくより読みやすかった。
    何度も読み直して、身近なところから一歩一歩実践していきたいと感じる一冊だった。

  • 小説風である必要はないね。。

  • 書いてあることを最大限に理解して行動をしていきたい。また、人材を育てるヒントも多くもらえる。

  • 目標とは何か、目標の立て方をどのようにするのかなど。

  • 読了した本が30冊ほど、感想を書かれるのを待っている状態・・・
    なんとかゴールデンウィーク中にしたいなぁ~

    付箋部分を抜粋します


    ・思い通りの成果が出ない時の言い訳に便利な言葉「向いてない」・・・中略・・・
     この言葉を口にすると、努力することから上手く逃げられるような気がして、精神的に楽だった(p13)

    ・「それは素晴らしい。いつか絶対に叶いますよ。叶うと信じて行動し続ければ」(p40)

    ・夢は持っているだけでは、いつまでも夢のままです。夢を夢のままで終わらせないためには、夢に向かって
     一歩踏み出し、歩き続けることです(p43)

    ・実際に成功するために、行動を継続していく習慣です(p44)

    ・新しい習慣や考え方や能力を身につけるには、勇気を持って不要になったものを手放す必要があります(p53)

    ・死ぬまでに叶えたいドリームリスト100(p64)

    ・ビジョンは鮮明でありありとしていて、その光景を頭の中で見るだけで、嬉しいとか、楽しいとか、
     ドキドキワクワクするとかといった感情が湧くものでなくてはなりません(p65)

    ・大きな志や目的には、たくさんの共感者が集まります。・・・中略・・・最初は一人の目的だったことが
     大勢の人の目的に膨れ上がるのです(p82)

    ・人は未知の世界に恐れを感じますが、自分の中の恐れに打ち勝つ力は、ゴールに向かった自分の経験からしか
     得ることはできないのです(p84)

    ・目標の達人になるには、ゴールや目標と、自分のモチベーションの源になる感情を、セットにして描くのも
     ポイントです(p87)

    ・つまり、いつも夢や目的やゴールを思い描き意識している人は、それらに関する情報を、キャッチできる確立が
     高くなるということです。夢や目的やゴールを持たず、漠然と生きている人とでは、入ってくる情報の質と量が
     まったく違うのです(p89)

    ・思い描いた夢や目的やゴールを設定することは、脳のアンテナをチャンスに向けることなんです(p90)

    ・選択と決断の時こそ、人の運命が動きだすときなんです(p92)

    ・夢やゴールを描くということは、ほかの誰かになろうとすることではなく、今の自分を超える自分になるということです(p110)

    ・人はみな、現状を維持しようとする傾向がありますから、この変化に対する恐れの感情が、夢やゴールを描くことを
     避けさせてしまうんです(p112)

    ・変化、選択、決断に対する恐れを軽くするか乗る超えるかしないと、目標の達人にはなれません(p112)

    ・変化に対するブレーキを軽くするために、日頃から常に小さな変化を起こして、自分自身を変化に慣れさせることです(p119)

    ・目的はゆるぎなく、ゴールを手にする方法は無限にあると知り、目標は柔軟に対応する(p142)

    ・ゴールや目標に向かう時の動機になる感情が、やりがいや生きがいと言われること(p153)

    ・ゴールを設定するということは、最高の自分になると決めることです。そして、それを手にする権利を
     行使する行為なのです(p173)

    ・言い換えれば、私たちは、自分の言葉に洗脳される動物なのです(p217)

    ・成功している人は、やろうと決めたことを最後までやる人です。やれる人です(p220)

    ・人は新たなゴールに向かう時、勇気のいる決断を迫られる。決断とは、勇気を持って今あるものを手放し
     新たな道を選び、その道を進むことだ(p232)

  • 目的、目標、ゴール、ビジョンなんとなく使っていた。使い方をきっちりすると未来永劫成長できる自分が確立できる。最後は、反則技だった。
    2017-2-20

  • 20170219読

  • 読み終わったあと、すぐに自分のドリームツリーを描いてみた。その時間がとても楽しかった。やることの優先順位をつけやすくなった。

全13件中 1 - 10件を表示

谷口貴彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーブ・シー...
ベン・ホロウィッ...
スペンサー ジョ...
伊賀 泰代
佐々木 圭一
ヴィクトール・E...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

ザ・コーチ 最高の自分に気づく本 (小学館文庫プレジデントセレクト)はこんな本です

ツイートする