実践版 孫子の兵法: 人生の岐路で役に立つ「最強の戦略書」 (小学館文庫プレジデントセレクト)

著者 :
  • 小学館
3.60
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094700138

作品紹介・あらすじ

最高峰の戦略書『孫子』を現代の視点で分析

歴史上もっとも有名な戦略書として挙げられる『孫子』は、ナポレオン、武田信玄をはじめ、毛沢東やビル・ゲイツ、孫正義などのリーダーにも愛読されてきた。昨今、世界的なロングセラーが再び脚光を浴びているが、2500年もの間、読み継がれてきたこの名著を、気鋭の戦略コンサルタントが現代の視点で分析し分かりやすくまとめた、まさに『孫子』入門書の決定版。
「先の見通しが立ちにくい」時代と言われている現代の私たちにとって、何より必要とされるのは、「こちらへ進めば何とかなるはず」という感覚。ビジネスだけでなく、スポーツや受験、結婚、子育てなど、人生のさまざまなシーンで活用できる 「負けないための戦略」を97のポイントに整理。孫子の要諦、「戦わずして、勝つ」を学びたい、すべての人に。



【編集担当からのおすすめ情報】
著者・鈴木博毅さんは、「難しい時代だからこそ、孫子を深く読む価値がある」と触れています。現代は、まさにグローバル化の波と、世界の中での日本の位置の変遷に揺れる時代。自らの周囲だけで競争したり、自分たちのことだけを考えていればいいということが許されなくなっています。このように、過去と異なり、判断が非常に難しい現代社会だからこそ、『孫子』の英知を学ぶ価値は、日増しに高まっているのではないでしょうか。世界一優れた戦略古典『孫子』は、混沌の中で勝利への道を示すものとなるはずです。本書は、世界中の経営者や為政者、勝負師に読み継がれてきた名著をわかりやすく解説しました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 負けないことを一番大切だと考えている。
    戦うのは勝てる時だけ。不利な時はやめる勇気を大胆に発揮する。
    ありのまま。ではなく、優れた定石をまず学ぶ。
    敵とは新しく始めること。その新しく始める事柄の情報を限界まで集める。
    勝利のチャンスを待つため、失敗をまず避ける。敗者の教訓、まずそれを避ける。
    失うものをイメージすると、人はすぐに動く。つまり、ポジティブリストで人は変わらない。失う恐怖と不安を利用して自分を突き動かす。
    勝負をかける前に、勝つ条件を一つでも増やすことが孫子の流儀。
    1.彼我の戦力を検討した上で、戦うべきか否かの判断ができること。
    目的は勝利であり、戦いを始めることではない。
    2.兵力に応じた戦い方ができること。
    戦い方は現代で言えば、始め方。
    3.君主国民が心を一つに合わせていること。
    同じ目標を持つ味方を増やすこと。
    4.万全の態勢を固めて、敵の不備につけ込むこと。
    5.有能なパートナーを選ぶ。

    優れた人に助言を仰ぎ、素直に準備を行う。
    戦うことなく、目標の達成を狙う。
    正しい判断力がある状態か常に自分を確認する。
    勝ち易きにまず勝つ。それを続けて成長する。ビジネスでは弱いものいじめも立派な戦略である。
    ライバルを味方にして、勝つ方法を考案する。

    依存する者は敗者となる。
    依存を脱する五つの方法
    1.万一の場合へ別案を用意しておく。
    2.前日までにリスクを限界まで解消しておく。
    3.目標を複数持ち、並行して追いかける。
    4.早く着手して、リスクを事前にあぶり出す。
    5.一つではなく、いくつも強みを持っておく。

    依存はもろさ。もろさを克服し、周囲に信頼される人間となる。

    自己を過大評価せず、多くの準備を行う者が勝つ。
    一点や感情論ではなく、多面的に優劣を比較する。
    個人に過度の期待をかけず、チーム全体で勝利する。
    激しい怒りで、視野が狭まることを防ぐ。
    肉体と精神の健康のため、選択肢を一つでも多く見つける。

    機会のない時間に、機会に近付きつかむ力を蓄えておく。
    機会を探し発見すれば、人生は再び光り輝く。
    人生を時間効率ではなく、機会効率で考える。

    これからも孫子の他の書も読み、学んでいきたい。

  • 孫子のエッセンスを噛み砕いて書いており読みやすい。ただ最後のまとめは逆にわかりづらいのでいらないかも...

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1972年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論 、マーケテイングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に 従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略論や企業史を分析し、新たなイ ノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。『超入門 失敗の本質』『古代から現代まで2時間で学ぶ 戦略の教室』(ダイヤモンド社)、『実践版 孫子の兵法』(プレジデント社)など多数。

「2017年 『信じる覚悟 超訳 西郷隆盛』 で使われていた紹介文から引用しています。」

実践版 孫子の兵法: 人生の岐路で役に立つ「最強の戦略書」 (小学館文庫プレジデントセレクト)のその他の作品

鈴木博毅の作品

ツイートする