魅惑のオペラ 2 ヴェルディ 椿姫

  • 小学館
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094802924

作品紹介・あらすじ

わかりやすい対訳付き解説書とともに、130分全幕をDVDに完全収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 椿姫 ヴェルディ 魅惑のオペラ 小学館



    男社会の論理はいつの世も同じで

    視野の狭いご都合主義だ



    ベニス版の歌手も演出も出来が良く

    惚れ惚れする

    これが歌でなくセリフだったら

    見る気もしないと思うけれど

    詩という抽象性に魅せられているのだろう

  • 好青年という設定の筈なのに役を演じている人が青年でなかった事が、
    頭から離れなくて話に殆どのめり込めませんでした。
    初めて観たOPERAですが、
    ・卑しい
    ・平気で男をとっかえひっかえるimageがあったので、
    ・男性と付き合うのはある意味仕事だから絶対に愛さない
    というimageがあったのですが、この作品で考え方が変わりました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作曲家。東京音楽大学名誉教授。1943年水戸市生まれ。東京藝術大学大学院修了。66年、日本音楽コンクール第1位、音楽之友社賞を皮切りに国際エミー賞、文化庁芸術祭優秀賞、毎日映画コンクール音楽賞、日本アカデミー賞最優秀音楽賞、JXTG音楽賞他受賞多数。2018年文化功労者。主要作品に交響曲第1~10番、オペラ『鹿鳴館』『高野聖』、映画音楽『影武者』『楢山節考』『うなぎ』、テレビ音楽『黄金の日日』『未来少年コナン』ほか、文学座、俳優座、無名塾の舞台など演劇音楽も多く手がける。NHK教育『N響アワー』で13年間、司会をつとめた。現在NHK‐FM『N響ザ・レジェンド』の解説を担当。

「2019年 『音楽ってなんだろう?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池辺晋一郎の作品

ツイートする
×