星の地図館 太陽系大地図 (STAR ATLAS 21 星の地図館)

  • 小学館
3.73
  • (5)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784095260792

作品紹介・あらすじ

人類は太陽系の地図帳を持つ時代になった。岩石惑星の地図、衛星や小天体の地図、約170個の衛星の姿・大きさ・位置・軌道図など、太陽系の最新の地図情報を集約した、初の太陽系地図帳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 太陽系はもちろん、外縁系惑星、彗星なども。

    それぞれの星の地図。
    ほんと、その名の通り地図だった。
    星間の距離や、その星の地図(もちろん地名入り)。

    なので、ちょっと期待したものとは違った。
    もっとその星の特徴について述べているのかと思った・・・
    まぁ、それはこの本のコンセプトではなかったのでしょう。

    地図、というコンセプトで作っているのは初めて見たので、興味がある人が読めば面白いだろう。

  • 小学生の頃は、天王星や海王星、木星の中には何があるんだろうと思ってわくわくしていた。今でも木星の大赤斑の中には何があるのだろうと考えると、心がむずむずしてくる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

国立天文台 副台長

「2020年 『天体望遠鏡ウルトラムーン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡部潤一の作品

ツイートする
×