光の魔術師―エミール・ガレ (Shotor Museum)

著者 :
  • 小学館
3.93
  • (5)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096060179

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 詳しくない人が見たら、ガレの作品は国籍不明ですよね。
    表紙のキノコのオブジェに惹かれましたが、なんというか、無生物なのに生々しい印象です。
    すごいと思うけれど、うちには合わないかな(^^;;

  • 神秘的な美しさ。眺めるだけども楽しめます。中身はまぁ普通の写真集みたいなものです。

  • 【NDC-751.5】(127p ; 21cm)
     ガレの作品とその紹介。文章は鈴木 潔「エミール・ガレの芸術と生涯」、コラムは辻清明「”常識破り”のガレ」飯田倫子「ガレに花を活け、見えてきた美の世界」
     後半にはガラス技法、所蔵美術館、年譜が掲載されている。
     ガレのデザイン性、発想力、自然への愛情や畏敬が感じ取れる一冊。

  • ガレは(一般的に)気持ち悪いものをキレイに魅せる天才。すんばらしい。

全5件中 1 - 5件を表示

鈴木潔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする