よくわかる仏像の見方―大和路の仏たち (アートセレクション)

著者 :
  • 小学館
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096070024

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東大寺所蔵の四天王像、並びに興福寺所蔵の無著・世親像が素晴らしい。その表情に現れた深い精神性に思わずどきりとさせられる。古代から中世にかけての日本にこれだけレベルの高い彫刻が造られていたことをもっと多くの人が知ってもいいと思う。

    新薬師寺の十二神将像はもう少しいい写真を使って欲しかった。

  • 見仏記と並行して見るのが楽しい。

  • なぜ、奈良に行く前にこの本を読まなかったのか。
    近くまで行っていなかがら、見逃した素敵な仏像がこんなにあっただなんて…。

    この本は、1体につき4〜5枚の大きな写真を掲載してあり、かつ、すごく仏像が魅力的に撮ってあって、見応えがある。説明もやさしく、入門者の見る写真集としては、完璧じゃないでしょうか。

    繰り返し写真を眺めてしまう良書。

  • 2002年11月9日読了。

  •  東京国立博物館平成館で「国宝 阿修羅展」が開催中。テレビでも「阿修羅」像の姿を映し、繰り返し宣伝していた。GWに行こうと思いネットで調べたが、もの凄い来場者の数ということで、すかっり腰が引けてしまった。入場制限はかかるし、売店の阿修羅像フィギュアも完売してしまうほどの盛況らしい。仏像は静寂の中で見たい。そこで、図書館に行って、写真が豊富な仏像の本を探して、本書を見つけた。初心者にはピッタリの本だった。やさしく、わかりやすい解説に好感を持った。たとえば、「阿修羅」像。悪神だった阿修羅だが、改心して仏教徒になりお釈迦様を守っている。元は悪神だったためこわい顔をしていた。お釈迦様の説法に聞きほれるうちに童心に戻って少年のような表情になったのが、興福寺の阿修羅像なのだという。真摯なまなざしが、説法に聞き入っている様子を見事に表現している。からだは細く弱々しい。筋肉というものを削ぎとって、戦う意志のないことをあらわしているらしい。つまり、からだ全体で仏教徒になりきった姿なのだそうだ。顔が三つ、手が六本。密教的表現で、これにもわかりやすい解説があった。博物館に行くのをやめたかわりの本であったが、実に素晴らしかった。そうそう、心動かされた像をもうひとつ。興福寺の「無著・世親像」(鎌倉時代の木造・彩色。国宝)。この「無著(むちゃく)像」の目を見てほしい。やや前かがみの姿勢、肉の落ちた頬、そして、涙を溜めた潤んだ瞳は、見る者に多くを語る。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1915年、大阪府に生まれる。40年、東京美術学校(現東京芸大)彫刻科卒。
(財)美術院国宝修理所所長を長く勤め、千数百体の仏像を修復。52年に得度した後、愛宕念佛寺の住職となり信者による五百羅漢像の彫刻を進める。
86年、天台仏師法印号を授かる。仏教伝道文化賞、勲三等瑞宝章、東方文化賞など受賞。
東京芸術大学名誉教授、吹田市立博物館館長、著者に『仏像の見分け方』『祈りの造形』『ほとけの姿』など多数。2003年 逝去。

「1998年 『なにわ塾第71巻 祈りの造形物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村公朝の作品

よくわかる仏像の見方―大和路の仏たち (アートセレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする