目をみはる 伊藤若冲の『動植綵絵』 (アートセレクション)

著者 :
  • 小学館
  • Windows
3.96
  • (54)
  • (31)
  • (56)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 301
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096070079

作品紹介・あらすじ

若冲の生涯の傑作『動植綵絵』全30幅、そのすべてを収録。70数年ぶりに発見された幻の絵巻『菜虫譜』も収めた絢爛たる世界。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 美術

  • まだまだ若冲ブームは続いています。
    全30幅(つまり掛け軸)にもおよぶ大作をひとつひとつ丁寧に解説しています。さらに要所要所でアップの写真があるので細部まで研究できてなかなか良い感じです。それにしても見れば見るほどすごい作品たちだなあ。。。現代に比べたら道具も貧素だったはずなのに。そう考えるとやはり超絶技巧だったんだろうな。

  • 一体、人の熱狂というのは何でしょう。若冲の人気ぶりです。西欧には非常にリアルな博物学的図像が多くありますが、若冲の興味はそこにあったのでしょうか。本流と見なされてこなかった彼の作品が、この機会に奇想ではない、しかるべき地歩を得られれば日本文化の幅が広がることでもあります。

  • 若冲展に行く前の予習として。素晴らしかった。

  • なかなか若冲の作品を見ることが出来ない、その中でも動植綵絵は滅多に公開されることがないもの。
    とりあえず作品集で、と思い色々探してこちらを購入。
    30幅全て載っていて解説もついている。
    なんと言っても色彩が美しくてくらくらするくらい。
    一生に一度で良いから実物を見てみたい。

  • 伊藤若冲の代表作、「動植綵絵」について解説した本。
    若冲の生い立ちなどを含めて、動植綵絵が描かれた経緯など解説。

    一時は忘れられていたそうだが、再評価されてからの近年の人気はすごいなと思う。
    その絵に多くの人が魅了されるのもわかる。
    ポストカードを持っているけれど、実物を見たことないので是非とも一度見てみたい。
    またどこかで全部展示してくれないだろうか。

  • ふぅ、お腹いっぱい(^-^)また展覧会やらないかなぁ。

  • 若冲の絵はすごい。天才だ。

  • 江戸時代の画家、伊藤若冲の代表作「動植綵絵」に関する本です。図版から、その鮮やかな色彩、生命力、さらには対象物に対する画家の愛情のようなものまで伝わってきます。(もちろん原画に比べればほんのわずかですが…)『若冲と江戸絵画』も併せて見ると若冲の画業をより幅広く理解できます。

    【琉球大学】ペンネーム:給水塔

  • 伊藤若冲を知るきっかけになった本。
    図書館で出会って、本を開いた時のあの感動は忘れられない…。
    今でも時々開いては、あまりの美しさに見惚れるばかりです*´ω`*
    それぞれの絵の細かい所がアップで掲載されてる所がすごくいい!
    「貝甲図」とか「群魚図」とか分かる限りでそれぞれの名前が書いてある所もすごくいい。
    宝物の本の1つです。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年生まれ。京都国立博物館美術室長・京都文化資料センター長、同志社大学教授等を歴任。専門は桃山絵画・江戸絵画。

「2017年 『江戸の美術 大図鑑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

狩野博幸の作品

目をみはる 伊藤若冲の『動植綵絵』 (アートセレクション)に関連する談話室の質問

目をみはる 伊藤若冲の『動植綵絵』 (アートセレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする