内乱と民衆の世紀 (大系 日本の歴史)

著者 :
  • 小学館
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096220061

作品紹介・あらすじ

南北朝の内乱から応仁の乱の激動の時期をつうじ、民衆はめざましく力をのばしていった。その民衆のエネルギーは、どこから生まれてきたのだろうか。社会の発展と民衆生活の様子を具体的にさぐる。

著者プロフィール

永原慶二(ながはら・けいじ)
1922-2004年。大連市生まれ。東京帝国大学国史学科卒業。東京帝国大学大学院に入って後、東京大学史料編纂所を経て一橋大学で教鞭を執る。同大学退官後、和光大学教授、日本福祉大学客員教授。一橋大学名誉教授。和光大学名誉教授。経済学博士。専門は日本中世史。主な著作に『日本封建社会論』(東京大学出版会)、『日本中世社会構造の研究』『戦国期の政治経済構造』(ともに岩波書店)など多数。著作集として『永原慶二著作選集』(吉川弘文館)が刊行されている。

「2019年 『戦国時代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永原慶二の作品

内乱と民衆の世紀 (大系 日本の歴史)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×