江戸の判じ絵―これを判じてごろうじろ

著者 :
  • 小学館
4.00
  • (6)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096261316

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 手ぬぐいなどの謎染に興味があって借りてみた本。 
    あまりにも盛り沢山の判じ絵にやや頭が痛くなりましたが、面白かったです。 驚くのは、擬人化された絵が、首から下は普通の人間なのに、顔に蚊や烏賊や鳥の全体像を持ってきていることです・・。
     普通なら蚊や鳥に着物着せないかい? 顔が烏賊の全身って(笑)

  • 洒落が効いてる判じ絵がたくさん掲載されています。
    一寸授業に使ってみようかと購入。

  • 昔からこういうのが矢鱈すきだったのだが、最近はわからなくて逆にストレスが溜まるようになってしまった。

  • 表紙の茶をたてる蛙の表情にほだされて購入

全5件中 1 - 5件を表示

岩崎均史の作品

ツイートする