絵画と歴史で解き明かす決定版『古事記』の世界

  • 小学館
3.55
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096263204

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ややこしい名前とピンと来ない時代背景。そのへんをスッキリさせてくれている。神話的絵画が沢山載っていてそれがイメージを掻き立てる。必要な図なども豊富で読みやすい。絵も魅力的で親しむのにちょうどいい本。

  • 『古事記』1300年、ここまでわかった古代人の心と日本の成り立ち。(帯)

  • 2015.12(図書館)

  • イラストが目立って一見子供向けだが、神話の解説や史実と照らし合わせての考証は中高生以上向けで、天孫降臨とか東征とか出雲の王国等々とはなんぞやという人には、古代史の入門編としてオススメできる内容。但しタイトルに「決定版」と謳いつつ、邪馬台国の場所や位置付け、大和政権の成り立ち等々、結論が出ていない事柄については、あくまで仮説である為、その辺の読み分けは必要。

  • 絵が大きくてすごく綺麗。
    解説というよりは物語調。

  • 2

  • あらすじは簡潔すぎて、物足りない感じだったが、全体をおおまかに捉えるには良いのかもしれない。謎解きと解説は、分かりやすく興味を惹かれました。 

  • 20130506
    解説のところ、図とか写真があってわかりやすくて興味深かったけれど、原文読んでみなきゃなぁという感じ。

  • 大人の絵本。面白い。

  • タイトルに「決定版」とか煽る文字が入るものは、大体はずれです。本書も例外ではありません。

全11件中 1 - 10件を表示

武光誠の作品

ツイートする