神楽歌・催馬楽・梁塵秘抄・閑吟集 (新編 日本古典文学全集)

制作 : 臼田 甚五郎  外村 南都子  新間 進一  徳江 元正 
  • 小学館
3.50
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (542ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096580424

作品紹介・あらすじ

神々と交歓する「神楽歌」。上代民謡や流行歌から生れた「催馬楽」。平安王朝にも愛唱された今様「梁塵秘抄」。民衆の哀歓を吐露する室町小歌「閑吟集」。上代から中世にかけて、そして現代にも歌い継がれる代表的歌謡集を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 画家 鴨居玲さんの「踊り候え」というTitleの絵画にドキッとし、その言葉に打たれ、記憶に留めていたところから、とある人からの手紙のFAX。その文章はどこから来たのかと探し倦ねて「今様」にたどり着いた。
    訳された内容は、私の思うモノでは無かったけれど、その言葉、そのリズムがとても心地よく、力強くて、「もっと知りたい」と思いました。
    空気ノ機械ノ尾ッポvol.12のエピローグはその閑吟集から引用しています。

  • ページの上下に開設つき。閑吟集はリアルな当時の恋愛を詠ったものが多く、当時の人々に非常に親近感を感じます♪

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする