永遠の詩(6) 宮沢賢治

  • 小学館
4.36
  • (6)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096772164

作品紹介・あらすじ

生きとし生けるものすべてを慈しみ、人の魂の深みを詩に描いた宮沢賢治。まるで魔術のごとく煌めくことばは鮮烈にして絢爛。天空に輝く詩篇の星々を、現代仮名遣い、鑑賞解説付きで収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 彼の綴る言葉や音には、リズムを感じる。

    解説付きなのが有り難い。

  • 世界観に入っていくのが難しかった。

  • このシリーズを読んでいてほんとうに思うことは、詩というのは教科書でとりあげられた一編だけで良い悪いを判断できるものじゃないんだ、ということです。詩集を一冊読まないとわからなかったです。「永訣の朝」がこんなに切実で美しい詩であったということ。今にも溶け落ちそうな、霙のように澄んで美しい詩集ですね

  • 【詩をたのしもう(日本編)】
    日本の近・現代詩史に燦然と輝く詩人たちの作品を選り抜きでご紹介します。
    新学期、新生活にお気に入りの詩人をみつけてみませんか?

    <閲覧係より>
    宮沢賢治(1896-1933)。
    幼少期から自然や動植物に親しみ生あるもの全てを慈しむ賢治の世界は詩に限らずのびのびと自由で美しい。
    -------------------------------------
    所在番号:911.568||エイ||6
    資料番号:10205742
    -------------------------------------

  • 大好きな宮沢賢治の詩が、
    一部分なのですが、まとめて
    読むことができます。
    解説もついていて読みやすい。

  • 『永訣の朝』以外でトシの出てくる作品を読んだのはこれが初めてであった。つらい。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

宮沢賢治(みやざわ けんじ)
1896年岩手県花巻市に生まれる。中学生の頃から短歌制作を開始し、盛岡高等農林学校卒業後、童話を書き始める。1921年に稗貫学校(のち花巻農林学校)の教師となり、詩集『春と修羅』、童話集『注文の多い料理店』を刊行。26年農学校を退職して、みずから農民となり、33年に37歳で病死。主な作品に、童話「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」、詩「永訣の朝」「雨ニモマケズ」などがある。

「2019年 『セロひきのゴーシュ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永遠の詩(6) 宮沢賢治のその他の作品

永遠の詩06 宮沢賢治 Kindle版 永遠の詩06 宮沢賢治 宮沢賢治

宮沢賢治の作品

ツイートする