風の名前

  • 小学館
3.71
  • (20)
  • (17)
  • (38)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 247
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096814321

作品紹介・あらすじ

天の気、地の霊、人の声をのせて吹く風は海からのおくりもの。「雨の名前」に続く待望の第2集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 普通名詞あり、方言あり、ほとんど固有名詞に近いものあり、土地と密着した名前も実に多い。風が様々に名前わけされていると言うことは、それだけ気候に神経を尖らせていなければならなかったのだろう。

  • 風にも名前がある
    今度風を感じた時、この風の名前は?と思い出しそう

  • 外を歩いていて「今前線に入ったな。これから寒くなるか」とか「この風は前にも覚えがある」とか思うことはあったけどこの本を見かけるまでこんなにも風の名前に種類があることは意識せずに来ていたな、と思わされた1冊。日本の言葉の中で、自然にはたくさんの名前がついている。単に1種類の「風」で終わらせるのではなく、いろんな風を体に受けながら、「今のは何ていう風だろう」とか楽しんでいけるといいなと思いました。その地域にしか吹かない風を感じに出かけてみるのもいいかもしれないな、とか。

  • 目に見えない風なのに、強弱・場所・時期などによって、色々な呼ばれ方をする風は面白いと思った。

  • その名の通り風の名前を紹介する本なのだけども、書いている人が詩人のせいか間にエッセイが幾つも挟まっていたり言葉紹介の文章がどこかポエムチックだったり今一つ乗り切れない本だった。あと風を写真に捉えるのは結構難しいものみたいで載っている写真もあまりはっとするものがなかったのも残念。

  • 風の名前の辞典に近い物。
    春夏秋冬で分けてあったり、一部に詩のようなエッセイが挟んであったりして綺麗な文がいっぱいだった。

  • 赤城颪、愛宕颪、伊吹颪、榛名颪、比叡颪(ひえおろし)、摩耶颪

  • この本にも沢山の名前が載っているのに、あとがきで2145も名前があると書いてあってビックリしました。

    “二十四番花信風”なんてものがあるのも知りませんでした。

    ちょっとした知恵やエッセイも良いです。
    特にP24の“微風のマリー”が素敵でした。

  • 読完2011.07図書館

  • 3月16日(土) 高橋順子さん×佐藤秀明さんトークイベント『日本語の美しさを、月の名前を通して味わう』~月を眺め、短歌・俳句・詩を味わおう ~
    http://www.libro.jp/news/archive/003133.php
    「月の名前」
    http://booklog.jp/users/nyancomaru/archives/1/4906905005

    高橋順子と佐藤秀明コンビの本
    小学館のPR
    「光風、御祭風、雲雀東風、海軟風、風炎、下風、時津風、青嵐、少女風、玉風、商風、和風、風巻…… 日本には二一四五の風の名前があるという。その中から三八二語の「風の名前」を厳選、二二八点のカラー写真と、三五編の詩とエッセーで構成する新感覚の歳時記。 まほろばの国日本の四季を吹く風、思い出の風車を回す心のなかの記憶の風、はるかな響の歌を運んでくる未知の風。あなただけの風がきっと見つかる心の一冊。 話題の「まほろば歳時記」第一集『雨の名前』に続く待望の第二弾。 」

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1944年千葉県海上郡飯岡町(現・旭市)生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒。詩人、「歴程」同人。夫は作家の車谷長吉。1987年『花まいらせず』で現代詩女流賞、1990年『幸福な葉っぱ』で現代詩花椿賞、1997年『時の雨』で読売文学賞、2000年『貧乏な椅子』で丸山豊賞。著書に『水のなまえ』(白水社)など。

「2018年 『星のなまえ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋順子の作品

風の名前を本棚に登録しているひと

ツイートする