ボストン美術館秘蔵 スポルディング・コレクション名作選

著者 :
  • 小学館
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096820384

作品紹介・あらすじ

ボストン美術館が所蔵する世界有数の浮世絵コレクションのなかでも、とりわけ質が高いことで際だっているのが、スポルディング・コレクションです。このコレクションは、アメリカの大富豪スポルディング兄弟が、「作品の質を最優先して金額には糸目をつけない」という方針で明治末~大正時代に蒐集した浮世絵・約6500点からなります。それらは褪色や紙質の劣化などを避けるため、美術館内での展示すら禁止されています。この秘蔵コレクションの神髄を示す、名品中の名品を集めた国内外唯一の決定版画集。完璧な保存状態で残された、「門外不出」で「展示禁止」の「幻の至宝」は、本書だけでしか味わうことができません。ほかでは見られない江戸の磖り、江戸の色彩が鮮やかによみがえります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 資料ID: W0153078
    請求記号: 721.8||Su 75
    配架場所: 本館1F電動書架C

  • 図書館で読む。この展覧会に行った記憶がある。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1941年東京都生まれ。東京大学大学院修士課程修士課程修了。日本近世絵画史専攻。名古屋大学教授,東京国立博物館情報調査研究室長,学習院大学教授,千葉市美術館館長を経て,現在,岡田美術館館長。「國華」主幹。国際浮世絵学会会長。著書に『江戸絵画史論』『江戸の画家たち』『江戸の絵を読む』『江戸浮世絵を読む』など。『原色日本の美術』『日本美術全集』『秘蔵浮世絵大観』『琳派』など編著多数。

「2018年 『日本水墨画全史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林忠の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×