ウーマンウォッチング

  • 小学館
3.26
  • (2)
  • (5)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 111
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096930168

作品紹介・あらすじ

頭髪からつま先まで…ちょっぴりエッチで、ものすごく刺激的。何百万年もの進化を経て、驚くべき適応力で洗練しつづける、この地球上で最も驚異に満ちた動物-女性。全世界で1000万部のベストセラー『裸のサル』から30余年。人間観察の天才、D・モリスが「女の体」を解剖する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 30歳の男性は同年代の女性より15倍も事故に遭いやすい。それは男性が、女性よりも強く子供のような好奇心を持ち続けているからだ。原始時代、女性は貴重な存在だったから、狩猟に出るような危険を犯すわけにはいかなかったが、部族の男性は消耗品だった。狩猟中に男性が数人死んでも小部族の繁殖能力は低下しなかったが、女性がすぐに死ねば繁殖率は著しい危機に瀕したからだ。女性の性的立ち位置は、ここから始まる。部族の保護の対象であり、掠奪の目的。歪んだ文化の進化が始める。

    ムルシ族のリップ・プレートや、首長のカレン・パドゥン族、中国の纏足。女子割礼。不可逆的に女性の身体を損傷させ、男性、あるいは部族のために継承される。いつしか女性自身も、そうした社会的要求に対し、自らを慰めながらも肉体改造に存在価値を見出す。相互の合意に基づきながら、しかし、女性が我慢してきた歴史。それはまるで、本著にも述べられるアナルセックスのように、一方を満たすために従う、非本質的な忍耐だ。

    性的な差異の解説書として本著を読むのも楽しい。色んな読み方がある。私は、人間の女性が、今のような何故自らの肉体的文化性を得てきたのか、という観点で読んだ。なぜ、化粧をするのか、髪は長めにする傾向があるのか、毛を剃り、ネオテニーに見せたがるのか。興味深い内容だった。

  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/54266

  • 行動科学者デズモンド・モリスの「親密さの12段階」

  • 進化
    頭髪











    乳房
    ウエスト

    腹部
    背中
    恥毛
    性器




    参考文献

  • 動物学者が人を語ると説得力がハンパない。性差による不遇はおおいに抵抗すべきであるが、私たちは自分が女であることから逃れることはできない。

  • 【選書者コメント】モテない一橋生のために

  • 目次:進化、頭髪、額、耳、目、鼻、頬、唇、口、首、肩、腕、手、乳房、ウエスト、腰、腹部、背中、恥毛、性器、尻、脚、足

  • 実に面白い。
    またじっくり読みたい。

  • 意外と面白くなかった・・・

  • 英語で

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

イギリスの著名な動物行動学者。1928年ウィルトシャー生まれ。バーミンガム大学、オックスフォード大学大学院で動物行動学を学ぶ。56年ロンドン動物園のテレビ・映画制作部門長に就任。59年よりロンドン動物園の哺乳類学研究部長を8年間務める。そのかたわら、テレビ番組や映画で動物のドキュメンタリーを制作。67年刊の著書『裸のサル』(角川文庫)で一躍有名となり、その後も数々のベストセラーを生み出している。美術への造詣が深く、シュルレアリスムの画家としても知られる 。

「2019年 『フクロウ[新装版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デズモンド・モリスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
J・モーティマー...
ヴィクトール・E...
ジェームス W....
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×