そらまめくんのぼくのいちにち

著者 :
  • 小学館
3.77
  • (52)
  • (42)
  • (82)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 867
レビュー : 67
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097261919

作品紹介・あらすじ

そらまめくんが愉快な仲間たちといっしょに楽しく過ごす一日を描き、その世界観・キャラクターの魅力がとても良く伝わる絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • そらまめくんシリーズ。何度も読んでいる絵本です。そらまめくんが作った新しいベッドは雨で・・・でも、雨上がりに、まめの仲間たちと虹を捕まえる遊びをしたり、天気が回復したら新しいベッドを試してみたり。。そらまめくんの日常の楽しい毎日を読み取ることができる絵本です。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • たんぽぽのベットを見せたくて
    皆に声かけたけど
    雨降ってきちゃった

    でも水溜まり遊び。
    期待どおりにならなくても
    楽しいことはあるんだ
    虹もみれた!

  • そらまめくんはあさおきて
    顔を洗って朝の準備をして
    おでかけにいった。
    そらまめくんはたんほぽ畑にいって
    穴を掘っていっぱい集めたたんぽぽを
    その中にギュウギュウに詰め込んで
    もふもふした中にバタンと倒れました。
    私ももふもふのベットに入りたいです。

  • まあまあ

  • 我が家は「くれよんのくろくん」シリーズから、同じ作者さんということで読み始めた「そらまめくん」シリーズ。そらまめくんのシリーズのおかげで、豆の名前を覚えた双子さんが、スーパーなどで「〇〇豆だ!」といったりするようになったのを思い出す1冊。特にこの本で〇〇豆の紹介がされているわけではないのですが、シリーズを読み込んでいると覚えるもんだなーと思った覚えがあります。(絵本の内容の感想じゃなくなってますね…失礼しました)

  • イラストも綺麗だし可愛いお話ですが、子供に読み聞かせをするには少し話が長いかな…と感じました。

  • 4:1

  • K
    2歳11か月

  • そらまめくんと友だちの豆たちが仲良く遊ぶ絵本。

全67件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1971年埼玉県生まれ。女子美術短期大学造形科グラフィックデザイン教室卒業。企業のキャラクターデザイナーを経て、絵本作家になる。主な作品に『そらまめくん』シリーズ(福音館書店・小学館)、『くれよんのくろくん』シリーズ(童心社)、『どんぐりむら』シリーズ(小学館)、『やさいのがっこう』シリーズ(白泉社)など人気作多数。可愛らしく魅力的なキャラクターたちが活躍する作品は、世代を超えて愛されている。

「2021年 『モルモットの ちゃもと けだまーず』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なかやみわの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
なかがわ りえこ
にしまき かやこ
酒井 駒子
馬場 のぼる
なかの ひろたか
エリック=カール
有効な右矢印 無効な右矢印

そらまめくんのぼくのいちにちを本棚に登録しているひと

ツイートする
×