ジャックとまめの木 (世界名作おはなし絵本)

著者 :
  • 小学館
3.78
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097262343

作品紹介・あらすじ

ある日、牛と引きかえに、ふしぎなまめを手に入れたジャック。庭にまかれたまめからは、次の日、つるがぐんぐんのびていました。空までつづく、そのまめの木をのぼってみると、そこには宝物をもった、おそろしい大男がいて…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2019.12

  • 今思うとおしゃれな本を読ましてくれたな~と親に感謝(笑)今の子はポップに囲まれ過ぎ…
    我が子にも見せたい作品!お給料いただいたら買いに行こう

  • 有名なお話だけれど、改めて読んでみると、わりとジャックはひどい人だと思った。

  • 読み聞かせ。8分。低学年中学年

  • 村上さんの「への字」口のキャラクター。
    手の形が子どもの頃に見たときから印象に残っています。

  • さすが村上さんの絵。

  • ひとくい鬼の大男から金貨の袋や金の卵をうむめんどりや金のハープを盗み出すジャック‥

    悪い子だなぁ‥

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1929年東京都生まれ。コピーライターとして活躍後『こりすが五ひき』で講談社児童文学新人賞佳作入選。「きつねのこ」シリーズ(あかね書房)で路傍の石幼少年文学賞、『あしたもよかった』(小峰書店)で小学館文学賞、『まねやのオイラ旅ねこ道中』(講談社)で野間児童文芸賞など受賞多数。子どもやそのまわりのおとなたちの姿をあたたかく、真摯に描いた多くの作品が愛され続けている。2018年逝去。

「2018年 『おばあちゃんのわすれもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森山京の作品

ツイートする
×