マーシャとくま (世界名作おはなし絵本)

著者 :
制作 : 片山 健 
  • 小学館
3.10
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 30
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097262442

作品紹介・あらすじ

森で迷ったマーシャは、クマにつかまりますが、なんとかクマをだまして家に帰ります。 賢い少女の機転の鮮やかさと、どこか憎めない親しみのわくクマのやりとりがゆかいな、ロシアに伝わる民話です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女の子は賢い。クマさんは案外素直でかわいい。

  • ロシアで子ども向けアニメとして放映されているのを見たことがありますが、原作童話を読んだのは初めてでした。
    抜け目のない勇敢なマーシャと、強面だけれど悪気はなくて、きっと根はいいクマの掛け合いが微笑ましい。

  • ロシア民話、賢い女の子ね!

  • くまさん結構良い人よね。人じゃないけど。


    有名な「マーシャとくま」の絵本は、ページ数に対する文字の割合が大きすぎて読み聞かせに向かないのですけど、この本はその点、場面ごとにページがきちんと分けられていて、読み聞かせには向いています。
    マーシャとくまのお話しを読み聞かせたいときはこっちの方がいいでしょう。ちょっと長めですけどね。

  • 2014年度  3年生  7分
    幼稚園時代からお話会に慣れているためか、みんなしっかりと
    聞いてくれます。
    『マーシャとくま』は、マーシャが森で迷子になった場面では心配そう。
    大きなくまが出てくると、「え~!?」とびっくり。
    かしこいマーシャがどんな方法でお家に帰るのか、ワクワクしながら聴いてくれました。
    素直に反応してくれて、読んでいるこちらの方がうれしくなりました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1935年、東京生れ。早稲田大学卒業。芥川賞、平林たい子賞、芸術選奨文部大臣賞、谷崎賞、読売文学賞、2006年「北原白秋」で毎日芸術賞、藤村記念歴程賞、蓮如賞を受賞。07年、日本芸術院賞恩賜賞受賞。

「2016年 『私の方丈記 【現代語訳付】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三木卓の作品

ツイートする