えほん寄席 奇想天外の巻 (CDつき おもしろ落語絵本)

  • 小学館
4.38
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (62ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097262664

作品紹介・あらすじ

NHKで放送され大評判となった「えほん寄席」の完全単行本化。この巻では「道具屋」「寿限無」「えんぎかつぎ」「てんぐの酒もり」「小倉船」を収録。放送音源を元にしたCD付録付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • NHK教育の金曜朝にやってるえほん寄席が本当の絵本になってた。

    有名な古典落語が子どもも楽しめるようにアレンジされている上、朝の5分番組なので落語のエッセンスが濃縮された楽しい1冊。

    CD付きで実際に噺も聴ける。普通なら大御所が演じないような噺もあって、落語入門はもちろん、通にも楽しめると思う。

  • 6歳児に読み聞かせ。この巻では「えんぎかつぎ(米上げ笊)」などなかなか渋いセレクト。

  • 息子の絵本物色中に発見
    落語に興味はありながら、一歩踏み出せなかった私には敷居が低くて良かった!
    他のも読みたい。
    CDは子ども向けにゆっくり話している感じ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1960年三重県生まれ。1979年桂枝雀に入門。1995年四代目桂文我を襲名。現在、年間300回程の落語の高座をつとめる。全国各地で「桂文我独演会」「桂文我の会」を開催。また、子ども向きの落語会の「おやこ寄席」も開催している。落語を題材とした絵本に、『えんぎかつぎのだんなさん』(福音館書店)、『りゅうぐうじょうでさがしもの』(童心社)、『ふたりでひとり』(フェリシモ出版)、『しまめぐり』(ブロンズ新社)、『月きゅうでん』(小学館)、「桂文我のでっち絵本」シリーズなど多数。

「2019年 『いちはちじゅうのもぉくもく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桂文我の作品

ツイートする