つぎのかたどうぞ (おひさまのほん)

著者 :
  • 小学館
3.47
  • (5)
  • (3)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 55
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097264477

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2013.11.17読了

  • 発想も絵も面白くはあるかなんか最高評価は上げたくない。薄っぺらさがある。そんな感じ。

  • 続編のしおきちくんのほうが好きだなあ。でも、キャラクターと彼らの名前、妙に人情味溢れるストーリーが面白おかしいです。
    もし自分に子どもがいて「ママこれ読んで!」と言われたら、上手く読める自信はない。うちの母だったらきっとキャラクターになりきって読んでくれただろうな。私が小さい頃にもこの絵本があれば良かったのに!
    なすみちゃんが鉛筆を拾う、あらすじとは全く関係ない場面がお気に入り。

  • 個性的なアピールが楽しいです。

  • とてもおもしろかった。

  • 芝居小屋のオーデションの話です。声に出して役者気分で読むと楽しい。10人十色読み方楽しみです。

  • 濃いキャラの面々が座員募集のオーディションに集結。
    笑いあり人情ありのお話。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1947年埼玉県秩父生まれ。絵本に「ねぎぼうずのあさたろう」シリーズ(福音館書店、「その1」で第49回小学館児童出版文化賞受賞)、「くろずみ小太郎旅日記」シリーズ(クレヨンハウス)、『おせんとおこま』(ブロンズ新社)、『みずくみに』(小峰書店/第20回日本絵本賞受賞)、『ふようどのふよこちゃん』(理論社)『ながぐつをはいたねこ』(文・末吉暁子 講談社)など、挿絵に「小さなスズナ姫」シリーズ(作・富安陽子 偕成社/第11回赤い鳥さし絵賞受賞)などがある。絵本の読み語り講演で、股旅姿で全国を渡り歩いている。

「2019年 『講談えほん 宮本武蔵 山田真龍軒』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯野和好の作品

ツイートする