タンチョウのきずな: 「日本の鶴」の一年 (小学館の図鑑NEOの科学絵本)

著者 :
  • 小学館
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (39ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097265863

作品紹介・あらすじ

つがいのきずなは、一生続きます。

春が近づいたある日、2羽のタンチョウが、鳴き合いながら飛びはねたりしています。
まるで、ダンスをおどっているようです。

これは、つがいどうしが愛情をたしかめ合っているのです。
初めて出会ったオスとメスの場合は、けっこんのぎしきです。
つがいのきずなは、どちらかが死ぬまで一生続きます……。

ツルの中で最も美しいといわれ、長寿や吉兆のシンボルとして、古くから日本人に親しまれてきたタンチョウ。

しかし、一度は絶滅の瀬戸際にあり、20数羽しか生息していなかったといわれています。
その後、人々の思いやりによる人工給餌などで、冬の厳しい自然を生きのびてきました。

雪原で優美に舞う姿は、現在も見ることができます。
それは、未来に残したい日本の風景のひとつです。

タンチョウのきずなを、長年にわたり撮影した写真絵本です。

写真と文●久保敬親(くぼけいしん)
1947年新潟県生まれ。北海道中標津町在住。自然写真家。
美しい日本の自然と、そこに生きる野生動物に魅了され、一貫して日本の野生動物の撮影をライフワークとしている。
『鳥Birds』『野生Animals』など、多くの写真集を発表している。

【編集担当からのおすすめ情報】
10年以上にわたって撮影された写真は、傑作が多すぎました!
掲載する写真を選び出すのに本当に苦心しました(嬉しい悲鳴ですが)。
北海道の大自然と、優雅に舞うタンチョウの美しさの姿、ぜひご覧ください。

全1件中 1 - 1件を表示

久保敬親の作品

タンチョウのきずな: 「日本の鶴」の一年 (小学館の図鑑NEOの科学絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする