そりゃあもう いいひだったよ: ぴっかぴかえほん

制作 : 荒井 良二 
  • 小学館
4.05
  • (9)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097266259

作品紹介・あらすじ

そりゃあもう!そりゃあもう!

ぬいぐるみのクマが、初めてもらった手紙に大喜び! 手紙をくれた相手の元をたずねて旅をすることにしたのですが、「そりゃあもう!」なことがいっぱい。初めてのドキドキ感とウキウキ弾む気持ちが満載の絵本。
何度読んでもハッピーな気持ちに包まれます。

【編集担当からのおすすめ情報】
「そりゃあもういいひだったよ」とつぶやいて眠りにつくことができたら、明日もきっといい日になりそう。。。夜寝る前の読書タイムにもぴったりの絵本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この絵本に出会えて、そりゃあもういいだったよ!

  • ぬいぐるみクマ、本物のクマから手紙をもらう

    そりゃあもういいひだったよ、と些細なことにも喜びを見出す。

    その方が人生楽しめそうだ。

    そりゃあもういいひだったよという言い方は年より臭い気がするけど。

  • ぬいぐるみのクマがホンモノのクマから手紙をもらった
    月がまるくなったら遊びにきてくださいって

    ぬいぐるみのクマの最期の
    そりゃもういいひだったよのページ最強にかわいいな

    普通のことでも小さなことでも
    いい日だって思って生きたらたのしい

    荒井良二さんの黄色が綺麗で心に優しい

  • 最後の自分で作る四コマがいいね

  • 小さなことに大喜びする様子に小さな幸せに気づくことに大切さ、そのつみかさねが大きな幸せにつながるとしみじみ思いました。

  • 元気になれる一冊。
    ハッピーになれる。
    そりゃあもう、いい日だったよ!

  • 一日の終わりに、「いい日だったなぁ~」って おもったことって なんかいあったかな!?…少しのことでも 感謝しなくちゃ!!

  • おとなっぽい

  • なにげないこと、けれどそれが幸せなこと。かみしめる歓び。

  • 荒井作品の絵は好きなんだけど、詩的なところが多くピンとこなかったけど、これはシンプルな物語。ぬいぐるみのクマがリアル熊に招待される話。絵はあいかわらず綺麗。

    おやすみのときにタイトルの言葉を何度も読むのはとても気持ちがいい。この絵本が読めて、そりゃあもういいひだったよ。

全12件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かがくい ひろし
ヨシタケ シンス...
なかの ひろたか
岡田 よしたか
やぎ たみこ
ばーじにあ・りー...
tupera t...
エルヴェ・テュレ
クリス ホートン
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
ジョン・クラッセ...
かがくい ひろし
くすのき しげの...
高畠 那生
有効な右矢印 無効な右矢印

そりゃあもう いいひだったよ: ぴっかぴかえほんに関連するまとめ

ツイートする