カエルくんのだいはっけん!

著者 :
  • 小学館
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097266471

作品紹介・あらすじ

自然観察を楽しむ物語絵本

小池に住む主人公のカエルくんが、外の世界に出かけていき、いろいろな大発見をします。
自然環境は、池から、川や、森へと変わっていきます。

テントウムシは食べられる?
トンボが、飛びながら虫を捕まえたぞ!
カワセミは、狩りの名人だ。
うんちを食べている虫がいる。
いきなりクサい攻撃を受けたぞ!
夜の森は危険がいっぱい!

そこで出会った、不思議なものや、驚きは、小さな子どもたちが出会うものと同じです。テントウムシのいろいろな模様、池や川にいるトンボの種類など、それぞれ、図鑑的な要素も加えて、自然とふれあえるように構成されています。カエルくんは、川から、森へと出かけていき、真っ暗な夜を体験して、また住み慣れた池に戻っていきます。つまり里山にある環境を一巡りします。カエルくんのストーリーと絵とで、構成された『里山百年図鑑』の年少版のような作りとなっています。幼児から楽しめる科学絵本です。

【編集担当からのおすすめ情報】
『野遊びを楽しむ里山百年図鑑』で、小学館児童出版文化賞を受賞した松岡達英さんの新作。小さな子どもたちにもわかりやすく親しんでもらえるように構成しました。
カエルくんの驚きを共有しながら、小さな子どもたちが、自然観察を楽しめます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ふくろうがホーホーといったところがたのしかった。

  • かえるくんの絵がかわいい。結局自分がいるところが一番だと気づくとことも含めて。

全2件中 1 - 2件を表示

松岡達英の作品

カエルくんのだいはっけん!はこんな本です

ツイートする