おこちゃん

著者 :
  • 小学館
3.67
  • (13)
  • (8)
  • (21)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 87
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097270751

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大好きな山本容子の絵本。
    彼女の幼いころのお転婆振り、クリエイティビティーあふれるいたずら振りがかわいい絵本です。

  • おこちゃんの目線。発想がステキ。

  • やんちゃっ子のおこちゃん、作者の子ども時代(作者の名前がようこちゃん→よおこちゃん→おこちゃん)の絵本。
    ぞうさんのリズムで文章が書かれている。
    池の鯉のエサバケツをひっくり返して鯉がたくさん飛び跳ねたり。
    おじいちゃんがキューピー人形をたくさん買ってきてくれたり。
    下駄に釘を打ってハイヒールみたいにしたり。
    最後には毎回みんなびっくりして転がる。

    インパクトのある絵。
    絵の中に文字が手書きで描かれているのでちょっと読み見にくい。
    眺める絵本。

    お風呂でうんち、が一番笑える。

    顔が怒っているみたいで怖い。

  • 文字も含めて絵になっている本。
    でも、自然に読めてしまうのは
    大人だからかなと思って少し残念。

    佐藤雅彦さんの「考えの整頓」という本で、
    すこしぐらい文章の順番やスペースが変わっても
    読めてしまうようになってるというのがあって

    それだーと思った。

    読めちゃう大人じゃなくて、
    読めない子どもの感想を聞いてみたい本。

  • おこちゃん おこちゃんと歌うようにいいながらおこちゃんがいろいろやらかしてきます。
    おてんばなおこちゃんをとても生き生きと描いた絵本。

  • 「ぞうさん」の歌を歌いながら読むともっと楽しめるかもしれません。二度おいしい絵本。おこちゃんってまわりにいるかもしれませんよ。

  • 小3娘が一目で気に入って借りた本。
    容子ちゃん→ようこちゃん→おこちゃん ご本人の小さい頃のおもしろエピソード。

  • いろんなところがおもしろかった!
    さいしょにみたときに、
    絵がおもしろいなぁ~と
    おもいました。

  • びっくり、ひっくりかえったのよ
    楽しい節 素敵な線 きれいな色
    こんな絵本で育った子供は幸せ

    山本 容子さんの画集と思って購入

  • あのフレーズがなんともいえない
    びっくりひっくりかえったのよーー

全19件中 1 - 10件を表示

山本容子の作品

ツイートする