だんごむしそらをとぶ

著者 : 松岡達英
  • 小学館 (2000年6月1日発売)
3.87
  • (11)
  • (12)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
  • 119人登録
  • 23レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097271079

だんごむしそらをとぶの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 背表紙に作者のだんごむしに対する愛が感じられます。
    丸まったダンゴムシ、ひっくり返ったダンゴムシ、
    そうか、だんごむしって飛べなかったんだ。
    好奇心旺盛なぼく、工夫して飛んで
    最後に行きついたのは…。

  • 中古購入

    子どものアイドル ダンゴムシ!
    なんでダンゴムシだけは触れる虫なのかな
    丸まっちゃうのがやっぱりかわいいから?
    でもダイオウグソクムシは気持ち悪いんでしょ?
    不思議な虫 ダンゴムシ
    そのダンゴムシが空を飛んじゃうんだから
    子どもも小走りで読んで欲しいと持ってくるわけだ

    リアルなようだけど
    鉛筆描きのやわらかさでとてもかわいい
    下の子はかわいいと思うと
    自分の掌においで〜と乗せる仕草をするので
    すぐにお気に入りの絵本がわかる(笑)
    ダンゴムシ以外にもたくさんの虫がいて
    1匹ずつ名前を教えていると
    ◯◯ちゃんのしってるむしがいないっ!
    あ! これはしってる!
    と どんどん引き込まれていた
    羽根を見つけたシーンでは
    これはセミのはねだ!
    そうだトンボかも!とよく見ている
    うちの子でこれだけくいつくのだから
    虫好きの子に見せたくなっちゃう
    羽根を作るシーンも
    空を飛ぶシーンも
    大人が見てもわくわくできそう
    大人は先が読めるかもしれないけれど
    童心に戻って最後まで楽しんでしまいそう
    私は大好き

    できれば表紙でネタバレしない(飛ぶ姿を見せない)方が良かったなぁ

  • ダンゴムシが、空を飛ぶというお話。どうやって??それはおたのしみ。4歳の息子が保育園で読んでもらったようで、図書館で探したがなく、よーやく(予約)しようよ!とせがまれて予約して取り寄せて読んだ。大人も楽しめる内容と絵で虫たちの表現、特にダンゴムシの目が可愛い

  • とても楽しい本。 ダンゴムシが空を飛んでる。人だっていっぱい考えて努力して飛行機で空を飛ぶようになったんだから、ダンゴムシだって飛べる。

  • 空を飛ぼうとあれこれ試行錯誤するダンゴムシのようすが楽しいです。

  • 15 絵が上手い!!子どもが食いついた!!

  • 私の大好きなだんごむしが空を飛ぶなんて、びっくりで不思議でした。

  • ダンゴムシの冒険がリアルな絵で描かれる.
    ストーリーはありえないのにリアルな絵というところがこの本の魅力をアップさせている.

  • トンボの羽を使って空へ、蜘蛛の危険も。

  • 脱力することうけあい。

全23件中 1 - 10件を表示

松岡達英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック カール
馬場 のぼる
トミー=アンゲラ...
マーカス・フィス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする