やったね!へんてこライオン (おひさまのほん)

著者 : 長新太
  • 小学館 (2006年4月28日発売)
3.91
  • (8)
  • (6)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 61人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784097278504

作品紹介

ゆうちゃんがポコポコしんくんがテクテクあるいているとライオンにあいました。そうしたら…きょうもへんしんへんてこライオンたのしいじかんのはじまりはじまり〜。

やったね!へんてこライオン (おひさまのほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013.12 市立図書館

  • 次は何か?当たるとすっごく嬉しい!さすがにバナナにはびっくり!

  • 初めてのへんてこライオンシリーズ!
    しんくんとゆうちゃんを前にして、へんてこなライオンが色々なものに変身していきます。驚きの変貌を遂げるライオンで、読んでいるこったも笑顔。終わりはいつも「へんてこなライオンのお話です」。ここをリズムよく読んであげるのが我が家のコツ。

    図書館で借りた一冊だけど、このシリーズで購入をしてもいいかも!

  • 詳しくは前々レビューを参照。

    本編では、バナナのへんてこぶりがすごい。バナナにくっつくゆうちゃんがかわいい。かさとブランコは、幼い子どもにとっては夢のような展開です。そう全てが夢のような!

    繰り返しますが、最強です。

  • へんてこらいおんが「それはないだろ」ってものにどんどん変身していきます。大人が読んだら「??」って思っちゃうかもしれないけど、こないだ読み聞かせしたら子どもにはウケがよかったです。子どもの想像力の無限さを改めて実感できます。さすが長新太!

全5件中 1 - 5件を表示

長新太の作品

やったね!へんてこライオン (おひさまのほん)はこんな本です

ツイートする