教育格差の真実‾どこへ行くニッポン社会‾ (小学館101新書)

  • 小学館
3.40
  • (6)
  • (14)
  • (24)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 145
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098250059

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サラッと読む程度かな。

  • 森永さん、少し見方が変わりました。(良い方)

  • 現在の教育問題(学力格差、いじめ、不登校など)を
    政治の観点から考察する本であった。

    教育に対して政治が影響するところは大きいものであるということを感じた。

  • 森永; おバカな学者たちが、少子化対策として保育所の支援をしろとか・・・現実に、30歳代前半の男性の非婚率は50%を超えているんですよ。
    尾木: 中学や高校の現場の教師を長年やってきた私の経験から言うと、今の大学一年生の精神的な発達程度はちょうど中学3年と言う感じですね。
    森永:年収200万円台の人が1000万人を超えたのは21年ぶりですよ。その一方で、働かずに暮らせる人が、どんどん増えているんですよ、我々は豊かで、暮らしやすい社会を目指したんではなかったんですかね。

  • 実際に保護者として学校に関わっているからこそ、単純な煽りには読めないのが空恐ろしかった。

  • 尾木直樹と森永卓郎の対談、小泉構造改革を暴く

  • 小中を卒業し 高校を卒業し 数年
    大学からも卒業して数年 すっかり教育の現場から
    離れている

    自分の世代はゆとりと言われる前
    個性を尊重というはしりだった

    ゆとりの弊害が社会に出てきている
    そのゆとりの現場では 競争原理というものが
    始まり 新たな問題が 格差という言葉で表に出始めてきた

    その格差とは どういった物か
    対話形式で 理解できる展開でした。

  • 2008/10
    お馴染みの経済学者と教育評論家による、現在の格差社会と教育改革についての対談。お互いの立ち位置がはっきり出た内容になっており、多くの意見のひとつと割り切って読めば、そこそこ参考になるかもしれない部分もある。

  • 10/1 格差社会ってことについてピンとこない人生を送っていたので読んでみた。東京に限られる気もかなりするけどわかりやすくてよかったよ。みんなも読むといいよ!政治の嘘や欺瞞が見えてきます。

  • (2008/10/2読了)「関心・意欲・態度」を点数化されて、テストの点よりそっちが重視される評価の仕方って何かおかしい、と思ってますが、教育現場の実感としてもやはりそういう評価のされ方になった時期の学生から”先生の前ではやたら態度がいい”状態に変化したそうで。できてもできなくても、問題が解けても解けなくても意欲を見せる(フリ)さえすればいい、なんてのは教育として間違ってると思う。この教育改悪は、そのように従順にされた低賃金労働力が欲しいという財界の陰謀、という解説もこの界隈ではよく聞きますな。

全22件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

一九四七年滋賀県生まれ。教育評論家、法政大学特任教授。早稲田大学卒業後、私立海城高校、東京都公立中学校教師として、二十二年間ユニークな教育を実践。二〇〇三年に法政大学キャリアデザイン学部教授に就任。一二年から法政大学教職課程センター長・教授を歴任。主宰する臨床教育研究所「虹」では、所長として子育てと教育、いじめ問題など現場に密着した調査・研究に取り組む。著書は二〇〇冊を超える。「尾木ママ」の愛称で講演活動、メディア出演など幅広く活躍中。

「2018年 『尾木ママの孫に愛される方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

教育格差の真実‾どこへ行くニッポン社会‾ (小学館101新書)のその他の作品

尾木直樹の作品

ツイートする