まれびとたちの沖縄 (小学館101新書)

著者 :
  • 小学館
3.70
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098250325

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 以前読んだ『美麗島まで』でも感じたことだが、ヒトとヒトとのつながりや彼らの生き様から、物語のような広大な歴史像が紡がれていくところがこの著者の作品の魅力なのだと思う。一読すればすわかるが、この本には役人、研究者、宣教師、芸能人など、沖縄の歴史を彩ってきた多くの人物が登場する。私たちにもよく知られた歴史事実もあれば、なかには意外な人物同士の結び付きもあり、特に近現代の琉球がいかにして動いていったのかをイメージする手がかりを与えてくれる。
    個人的には「為朝伝説」に関する第2章が一番興味深かった。

  • [ 内容 ]
    近代沖縄の苦悩のなかで生まれた「沖縄学」。
    その父といわれる伊波普猷に決定的な影響を与えた新潟出身の国語教師・田島利三郎。
    幕末、西欧諸国の思惑と琉球王国の危機に揺れる時代に滞在したユダヤ人宣教師・ベッテルハイムの葛藤。
    琉球に源為朝がやってきたという「偽史」はいかにして生まれ、固定化したのか。
    江戸期の琉球ブームをときあかし、「異国琉球」が「日本」に取り込まれてゆく過程を描く。
    また沖縄芸能は本土でどう受容されたのかを丹念に追う。
    刺激的な日本/琉球・沖縄論。

    [ 目次 ]
    第1章 放浪先生の贈りもの 田島利三郎-「沖縄学」の父・伊波普猷。破天荒な教師との出会いが生む感動的な物語。
    第2章 為朝はまた来る?「琉球本」の系譜-歴史とは何か。中国と幕藩体制の日本のはざまで生きる琉球の実像。
    第3章 宣教師はご機嫌ななめ バーナード・ジャン・ベッテルハイム-異国船来航に翻弄される琉球。ユダヤ人宣教師の「言葉」の格闘の日々。
    第4章 レヴュウになった“琉球” 田辺尚雄/日劇ダンシングチーム-沖縄芸能はいつ、なぜ注目されたか。背景にある「国民意識」の統合とは。

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 別の視点からの沖縄論。女性の視点が新鮮。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1958年、東京生まれ。ノンフィクション作家。おもな著作に『もろびとこぞりて』『美麗島まで』『サウス・トゥ・サウス』『首里城への坂道―鎌倉芳太郎と近代沖縄の群像』『赤星鉄馬 消えた富豪』など。

「2022年 『おいしい沖縄 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

与那原恵の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×