マイルス・デイヴィス 奇跡のラスト・イヤーズ (小学館101新書)

著者 :
  • 小学館
3.77
  • (0)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098250943

作品紹介・あらすじ

ジャズ界の「帝王」ことマイルス・デイヴィスは、1975年突然音楽シーンから姿を消した。謎に包まれた隠遁生活から6年、奇跡のカムバックを果たしたマイルスは、若い世代のメンバーを集め、さらに新しい音楽を追究する。そして最晩年、マイルスは今まで自らに禁じていた「過去の再演」を行った…。綿密な調査や数多くのインタビューによって詳細に綴られる、マイルスの華麗なるラスト・イヤーズ。中山康樹による「マイルス新書シリーズ」の完結編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あとがきにも書かれていましたが、中山氏の他の著作に比べると、やはり少しエモーショナルな行間かと感じました。不覚ながら、うるっときてしまった部分が何カ所か… ステキな新書でした!クラーク・テリーとの会話、泣けました。
    巻末の出展情報やアルバムガイドなど、資料的にも価値ある書籍だと思います。

    小学館の紹介文。
    『ジャズの帝王マイルス、華麗なる晩年の記録
    ジャズ界を代表するカリスマ、「帝王」ことマイルス・デイヴィス。 『マイルス・デイヴィス自叙伝』の翻訳者で、『マイルスを聴け!』をはじめとする 多数のマイルス関連書を著している中山康樹氏は、日本一の、そして世界でも屈指のマイルス研究家です。本書は、中山氏が一年ほどを費やして各社新書から刊行してき
    た「マイルス評伝五部作」の最終作です。1975年の引退、81年の奇跡的カムバック、91年の急死までの精力的活躍を、新資料に基づいた綿密な取材と調査で詳細に記述、スーパースターの華麗な人生のしめくくりを語ります。
    筆者自身によるマイルスへのインタビューからの発言も多数収録、巻末に関連アルバム紹介を掲載しました。。』

    編集者からのおすすめ情報
    10月9日(土)、午後3時半から、東京四谷のジャズ喫茶「いーぐる」で、刊行記念イベントを開催します。お問い合わせは03-3357-9857(いーぐる)まで。
    http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784098250943

全2件中 1 - 2件を表示

中山康樹の作品

ツイートする