これが本当の「忠臣蔵」 (小学館101新書―江戸検新書)

著者 :
  • 小学館
3.75
  • (4)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 65
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098251346

作品紹介・あらすじ

歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』により、日本人の心性に深く根を下ろす「赤穂浪士討ち入り事件」。しかし、物語ではない、史実としての詳細は、意外に知られていない。二〇一一年末に著者自身が鑑定した新発見史料「茅野和助遺書」をはじめ、残された調書や手紙・日記などを徹底的につきあわせていくことで浮かびあがる、事件の真相。赤穂事件をわかりやすく、正確に解き明かす!「江戸を学ぶ、江戸に学ぶ」江戸検新書、第三弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本はいわゆる「忠臣蔵」ではなく、赤穂事件について時系列で詳細を書いています。何が本当で何が史実と違うのかがよくわかる。

  • 討ち入り当日は雪は降ってなかった、陣太鼓は打ち鳴らしてなかった等々、芝居と史実の差異を紹介するのではなく、信頼性の高い史料を突き合わせて事実に迫っていく内容で、赤穂事件だけでなく当時の社会通念や慣習まで見え、興味深く読めた。驚いたのは、討ち入りまで金銭の収支をきっちり付けていたところ。藩札の処理から城明け渡し、御家再興の努力から同志の纏め上げまで含め、大石はついに打つ手を誤らなかったが、成就の秘訣はこの経営感覚が根本にあったように思われる。また御家断絶後、討ち入りまで約2年間、何とか資金が持ったのは、赤穂藩が塩で比較的潤っていた事と無縁でなかった点気付かされた。先立つものは金とはいえ、成るも成らぬもやはり使い方次第らしい。

  • 『仮名手本忠臣蔵』と実際の赤穂浪士吉良邸襲撃事件の違いを、当時の手紙等各種資料から検証。日本三大仇討ちの一つと言われるが、実際に仇討ちと呼べるものだったか。吉良家側、幕府の置かれていた事情(朝廷と幕府)、事件の仕置きについて興味深い。

  • そろそろ忠臣蔵にチャレンジしたいと思いつつ何から入っていけばわからず悶々としていた時に知り得た。
    こういう説もあるが、こうこうこういう理由からこう考えるのが妥当であろう解釈が、この薄い新書の中に数多くおさめられていて信じすぎるということもなく、サラリと納得しやすい。
    今日から2読目。流した1読目と違い、強弱つけて楽しく読めると思う。

  • 副題は、赤穂浪士討ち入り事件の真相。
    新史料発見。刃傷事件が忠臣蔵になるまで。もっとも「正確」な赤穂事件。
    歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」により、日本人の心性に深く根を下ろす赤穂浪士討ち入り事件。しかし、物語ではない、史実としての詳細は、意外に知られていない。新発見史料「茅野和助遺書」をはじめ、残された調書や手紙・日記などを徹底的につきあわせていくことで浮かび上がる、事件の真相。わかりやすく、正確に解き明かす。

    山本氏の著作は、わかりやすく面白い。本書でも、松の廊下から討ち入り、切腹まで、時系列を追って解説している。浪士たちの一枚岩というわけではなかった。吉良を討つという手段は同じでも、武士の一分を守るためか、主君の仇を討つためか、家の名誉を守るためか。身分によって、価値観が大いに異なることがわかって面白い。
    忠臣蔵の理解を深めるためにお勧めの本である。

  • 中々、面白かったです。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1957年岡山県津山市生まれ。東京大学文学部卒業。同大修士課程修了。文学博士。現在、東京大学大学院情報学環教授、同史料編纂所教授。
『江戸お留守居役の日記』(読売新聞社)(1991)で、日本エッセイストクラブ賞受賞。『鎖国と海禁の時代』(校倉書房)(1995)では、従来の「鎖国令」の定説をくつがえし、教科書が書き換えられている。豊臣政権から江戸時代の政治や武士社会を中心に研究している。
著書は、『流れをつかむ日本史』(角川新書)、『東大教授の「忠臣蔵」講義 』(角川新書)、『歴史の勉強法 確かな教養を手に入れる』 (PHP新書)、『天皇125代と日本の歴史』(光文社新書)、『格差と序列の日本史 』(新潮新書)、『歴史をつかむ技法 』(新潮新書)、『日本史の一級史料』(光文社新書)、『信長の血統』(文春新書)、『武士道の名著』(中公新書)など多数。
東京書籍からは、『読み方で江戸の歴史はこう変わる』、『教科書には出てこない江戸時代』、『こんなに変わった歴史教科書』ほか。

「2018年 『教科書には書かれていない江戸時代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

これが本当の「忠臣蔵」 (小学館101新書―江戸検新書)のその他の作品

山本博文の作品

ツイートする