日の丸家電の命運 パナソニック、ソニー、シャープは再生するか (小学館101新書)

著者 :
  • 小学館
2.79
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098251544

作品紹介・あらすじ

日本における大手総合電機メーカーは8社。うち、家電メーカーといわれるパナソニック、ソニー、シャープはかつてない危機に見舞われて、もがき続けている。かつては世界を席巻していた各社がどうしてこんな状況に陥ってしまったのか。日本経済に大きな影響力を持つ日の丸家電はもう一度、輝きを取り戻すのか、それともこのまま沈むのか。経済分析の第一人者である著者が復活への"処方箋"を示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本が書かれた2年前と状況は変わってるけど、全体像理解に役立った。わかりやすい!

  • 後知恵で家電メーカーの経営判断を徹底的にこきおろした気味の悪い本。やけに重電メーカーを褒めそやしているが、業界構造を一顧だにしないのはどうなのか?仮にPanasonicが原子力発電事業を持っていたら経営判断は変わっていただろう。デジタル家電しか戦う土俵がないからそうしたまでであり、その業界だからこその競争状況や利益水準なのだ。
    このおっさんが当時SONYやSHARPの社長であっても、絶対にうまくいかなかったと思う。
    第8章の処方箋もありきたりで、SONYがHDカンパニーになったところで何も変わるまい。
    ただ一つだけ賛同するのは、会社の業績は経営者次第、ということ。

  • 日本を代表するメーカーがどんな道を歩んできたか、整理する意味でわかりやすい。あとから結果論で見ればそうだけど…と読んでいて思う。こういうことを事前にみていかなくてはならないから、経営者は大変である。いいものさえ作れば売れる、という視点が時に私の勤務先にもみられる。外が顧客がどんなかを知らないのは恐ろしい。

  • 後から悪く言うことはいくらでもできる。
    しかも指摘のほとんどはよくあるもの。

  • 「現在、企業が行っているのは「何がつくれるか」の競争ではなく、「売れるものをつくれるかどうか」の競争です」
    8大電機メーカーについて書かれた本。
    肯定も否定も「集中と選択」という言葉で語っており、結果論的な印象を感じた。
    しかし、現在の電機メーカーをさっと理解するには十分である。

  • 松下はマネシタと言われていたが、それだけ他企業よりも良いモノを真似して作れた。
    日本の携帯は最高の機能を搭載していたから、日本でも世界でも売れると思い込んでいた。
    家電系、重電系、情報通信系の3つに電気は分類される。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

真壁昭夫(まかべ・あきお)
1953年、神奈川県に生まれる。法政大学大学院政策創造研究科教授。1976年、一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行に入行。ロンドン大学経営学部大学院、メリル・リンチ社への出向を経て、みずほ総合研究所調査本部主席研究員などを歴任。二〇〇五年から信州大学で、二〇一七年から法政大学で教鞭を執る。また、行動経済学会常任理事、FP協会評議委員も兼任する。
著書には、『20500年 世界経済の未来史: 経済、産業、技術、構造の変化を読む!』(徳間書店)、『MMT(現代貨幣理論)の教科書』(ビジネス教育出版社)、『仮想通貨で銀行が消える日 』(祥伝社新書)などがある。


「2019年 『ディープインパクト不況 中国バブル崩壊という巨大隕石が世界経済を直撃する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真壁昭夫の作品

日の丸家電の命運 パナソニック、ソニー、シャープは再生するか (小学館101新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする