私たちの国に起きたこと (小学館新書)

  • 小学館
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098252497

作品紹介・あらすじ

少女が立ちつくした焦土・東京の無情と人情

1945年3月、11歳だった海老名さんは、疎開先で東京が空襲を受け焼け野原になったことを知る。願いもむなしく、両親・兄弟は亡くなっていた。
突然一人きりになってしまった少女は親戚を頼るが、どこでも「邪魔者」扱いされ、各地を転々とすることに。ずっと胸に抱いていたのは、疎開の日にかあちゃんが持たせてくれたお守りと、父ちゃんが疎開先に送ってきた手紙。そしてかあちゃんの「かよこは強い子。明るく生きていくのよ」の言葉。
ある日、釣竿の名匠だった父のかつての顧客・三遊亭金馬と再会、家にいれてもらうことに。そこで出会った林家三平と結婚、4児をもうけるが、やっとつかんだ幸せもつかの間、三平ががんで死去。おかみさんとして一門を支えていくことを決意する。それでも続く戦争への怒り。
長男・正蔵のテレビの仕事で生まれて初めて出かけた「家族の仇」アメリカの地。そこで、足を引きずるアメリカ人老紳士と出会う・・・・・・。
海老名さんの過酷な半生を通して綴る、なかなか語られることの少ない東京大空襲の真実と、その後の日本人の苦悩と再生の物語。涙なくしては読めない、感動のノンフィクション。

著者プロフィール

海老名香葉子(えびなかよこ)
昭和8年(1933年)、東京生まれ。昭和20年3月、東京大空襲で家族6人を失う。戦後、先代の三遊亭金馬師匠に引き取られ育つ。昭和27年、落語家林家三平と結婚。二男二女(9代目林家正蔵、2代目林家三平、海老名みどり、泰葉)の母となる。昭和55年、夫三平の死後は、テレビ、ラジオ、雑誌などマスメディアで、コメンテーター、身の上相談、エッセイストとして活躍。

「2020年 『人生起き上がりこぼし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海老名香葉子の作品

私たちの国に起きたこと (小学館新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×