スクールカーストの正体: キレイゴト抜きのいじめ対応 (小学館新書)

著者 :
  • 小学館
3.84
  • (10)
  • (8)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 161
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098252503

作品紹介・あらすじ

血の通った「現場のスクールカースト論」

現役のベテラン中学校教師である著者は、「スクールカーストの決定要因は、コミュニケーション能力だ」と、その本質を喝破、学校現場で現在進行形で起きている数々のいじめ、トラブル等のエピソードを紹介、分析していきます。
スクールカーストを要因とした、「LINEはずしが起きるリアルなプロセス」や、「突然キレて、暴力をふるってしまう子の事情」等々、紹介される数々のエピソードは、教育関係者ならずとも、深く考えさせられるものばかりです。
現在の子どもたちの変容の根底にあるものについて分析したうえで、全国の学校現場に向けて提案する、最終章「現代型いじめと教師の対応」は、必読です。

【編集担当からのおすすめ情報】
「子どもたちに今、何が起きているのか」をこれ一冊で俯瞰できる、画期的なスクールカースト論。すべての教育関係者はもちろん、子どもを持つすべての親におすすめします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 印象に残った箇所が多々あった。
    現在の教室を多角的に分析し,生徒同士の関係を的確に分析していると思う。
    これからも読み返す本になるだろう。

  • 分析もさることながら問題に対する対処の方法もなるほど!と納得できるものだった。職場のカーストにも踏み込んだのが、さらに衝撃的だった。

  • 後半はだるい。冗長。
    前半の体系化はわかりやすい。

  • 前半は興味深く読めた。確かに子供の学年を見ると、残虐リーダー型はそこそこいるのにスーパーリーダー型はいない。サブリーダー型はクラスに1~3人くらいか。そしてお調子者タイプの多いこと多いこと。事例や教師像についてもふむふむなるほどと思いながら読み進めたが、他の著者や教育者の批判はどうかと思う。最後など、もてはやされる有名人たちに嫉妬しているのかとすら見え、刺々しさが少々痛かった。

  • 新書

  • 著者は現役教師という触れ込みですが、クラス内のトラブルに直接関わる担任の視点というよりも
    現場から少し離れた、安全な立場からの見方だなという印象を受けました。

    また、ネタ切れなのか後半はやけに引用に頼ったところがみられます。
    肩書は立派ですが、実際は本を出すほどに教室の現状を把捉できていないのではないでしょうか。

  • 現役中学生教師の筆者が生徒たちのスクールカーストの状況を分析している本。
    スクールカーストを意識することで、生徒への指導も適切にできるようになる。先生もスクールカーストの査定をされている。
    この本は、先生から見た、学校、教室の管理方法について、ストレートに本音ベースで書いてある。一人の人間として、様々な価値観の生徒たちと、どのように接するか、観察し、間合いを見極めながらかけひきをしないと、ままならないのが先生なのだなと、改めて、自分が教育実習で感じた恐怖を思い出した。

  • 教育学部の卒業論文でこの文献に触れる。

    筆者は本書第四章で、唯我独尊的な「教師の言うことを聞かせなければならぬ!オレ様がオレ様がと小うるさいガキどもは黙っておれ!」という古くさい昭和の教師論を展開する「プロ教師の会」諏訪哲二に憧憬の念を抱きながらも、一方でスクールカーストを「個人の努力でどうにでも覆せる(=逆転可能なもの)であろう」脳筋的に否定する諏訪の論には前時代的な違和感を抱くと述べる。
    一方で、「<研究>というスタンス(142頁)」でスクールカーストを分析しようと試みた鈴木翔の「教室内カースト(光文社新書2009)」は「薄っぺらくて読み返すことすらしなかった(143頁)」と切り捨てており、筆者が実践を尊重する現場教師の立場でありながらも、同書のインタビュー(質的調査)を軽視していたことに、私自身が逆にショックを受けた。

    まずそもそも「教室内カースト」の筆者である鈴木翔は、「スクールカースト」の語の命名が森口朗であるとは言っていない。紙面上に載せたのが森口朗であり、森口はインターネット上の単語登録サイト(おそらくはてな関連のサイトであると思われる)から情報収集したのであろう、と明記している。にもかかわらず、筆者は(確かめていないけれど)などと言い、鈴木翔があたかも事実を捻じ曲げたかのように書いている。インターネット上の造語であることは同氏の著書ですでに指摘されているのである。

    諏訪と本書の筆者はともに高校、中学の教師である。教師とは「自分より立場の低いと社会通念上解釈されている」子ども達と日常的に接し、「何も知らない」前提の存在に「知っている」自分たちが知識・規範を注入するという職業である。それゆえ権力関係の発生は避けにくいものであり、自分たちのお仕着せのルールに従わない生徒に対して嫌悪感を示しがちである。そしてどういうわけだか、いや、だからこそなのか、彼らは「自分たちが正しい」と信じて疑わず、子どもたちの生の声に対して耳を傾けようとはしない。実際本書においても、生徒のいじめ事例研究はいくつも例が載っているが、その中にある生徒の声、もっと言えば生々しい生徒の「大人びたホンネ」については面白いほどに無頓着である。おそらく諏訪も筆者も、20数年の時を越えてなお彼らの中に共通するのは「純粋無垢な子ども像」であり、そういう前提の下「どうやったら子どもを社会(の代弁者として子どもの前に立ち現れる自分)の思いのままに操作できるか」ということに腐心しているとさえ言えるだろう。

    なお、「教室内カースト」に関しては、生徒の生の声を質的調査の一環としてまるごと載せた点に大きな意義があると私は考える。大人は所詮子ども社会にとっては外野であり、外野がどうこう言おうと子どもたちの生の語りが子どもたちの社会の実感のすべてなのである。ただこちらは教師へのインタビューも載せており、これは同書のレビューにもある通り「サンプルに偏り」があることは否めない。むろん子ども社会同様、教師の社会にいる者の語りがあれなのだとしたら、外野である私たちは口をつぐむしかないが。

  • 〈スクールカースト〉は「コミュニケーション能力」により決定される

    〈自己主張力〉〈共感力〉〈同調力〉に着目し
    〈スクールカースト〉を8類型に分類して分析

    〈カースト〉の高低が学級集団に与える影響を考察し
    有効ないじめ対応策を提案する

    子どもたちは教師の中にも〈カースト〉を見ている、と
    「キレイゴト抜き」(副題)に喝破する

全19件中 1 - 10件を表示

堀裕嗣の作品

スクールカーストの正体: キレイゴト抜きのいじめ対応 (小学館新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする