知らないと損する給与明細 (小学館新書)

著者 :
  • 小学館
3.58
  • (7)
  • (10)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 162
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098252619

作品紹介・あらすじ

税務署員もやっている手取り増額術を公開!

ビジネスパーソンなら、毎月必ずもらっている給与明細。しかし、実際には、総支給額と振込金額だけ確認してあとはポイッ、としている人の方が多いはず。それぞれの数字の意味を理解している人は少ない。その内容を知らないということは、実はそれだけで大損しているのだ。
給与明細には、収入だけでなく、貯蓄、税金、社会保障に関する情報が満載だ。この情報をうまく生かすことができれば、収入を増やしたり、支出を減らしたり、試算を大きくすることも可能なのだ。
実際に支給されている額から、様々なものが天引きされている。税金や社会保険料がその代表だ。その天引きされているものを減らせば、手取りは増えるのだ。
多くのビジネスパーソンは「会社がすべてをやってくれる」と思い込んでいることだろう。しかし、そうではない。会社は「最低限度のこと」しかやってくれない。ビジネスパーソンが使える所得控除13種類のうち、会社がやってくれるのは3~4種類に過ぎない。会社は税務署の代わりに、税務署の指示通りに社員から税金を取り立てているに過ぎないのだ。
自分の給料をきちんとマネージメントするだけで、汲々とした生活が一新できるのだ。

【編集担当からのおすすめ情報】
著者の大村さんは元国税調査官だけあって、お金の知識には長けています。そして、現役の税務署員がこっそりやっている、知られざる手取りアップの方法や申請するだけでもらえる社会保険のあっと驚く制度も大暴露。まさに知らないと丸損だと思い知らされる1冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  就職し数年経つも積立以外全然貯金をせず給与明細も見ずに来たので、少し見直してみようと買った本。

     前半は給与明細の見方と手取りを増やす方法・控除を増やす方法が書かれ、後半では社会保険の話になっていく。手取りの額と所得が大きく異なる概念なのはどこかで習った気がするが、金額にばかり囚われず福利厚生に目を向けるという考えは自分になかったのでためになった。
     社会保険についても、年度末と年度初めに残業が増え4~6月の給料が跳ね上がっている状況なので、これも考えないといけない。
     後半の社会保険については、結婚もしておらず親もまだ介護対象の年齢ではないので斜め読みになったが、必要な時が近付いたら戻ってこようと思う。

     全体的に言えば現状使える手段は読んだ中で必ずしも多くなかったが、例えば国税庁のHPにわざと(?)分かりにくく載っている事項があるなど、税や社会保障の制度が単なる数値でなく顔として見えてきた。あくまで制度に興味を持つきっかけとしては、得た知識以上の収穫だった。

  • タイトルで損をしているな〜と感じた。給与明細とタイトルにあるが、税や社会保険制度について広く説明してくれている本。一回読んだだけでは分かりにくい部分もあるので、自分が必要とする部分について、いつでも確認しておけるように手元に置いておきたい本。

  • 同じ住宅手当なら会社の借り上げ住宅のほうが社員当人にとって税金が得になるとか、知らないことが多かった。読むには面白くない本かもしれないけれど、税制について詳しくしる必要があると感じた。

  • ・税法上の家族を増やす方法
    ・外資系企業が報酬よりも待遇を手厚くする理由
    ・スポーツジムの年会費やマッサージ代も取り戻せる

    あたりまえに知っていることから「えっ?」ということまで
    元国税調査官が明かす究極の節税術

  • 知っていることも多々あった。
    一回読んでも忘れてしまうので、結婚、妊娠、医療、転職etcその都度該当するようなところを読み返さなきゃならないと感じた。親にも読ませたい。

  • 税額控除と所得控除の違い。

  • 知らないことが多い。
    実際に現在やれることは少なそうだけど、今後知ってるだけで大分違う気がする。
    もっと勉強する。無知はこわい。

  • 著者:大村大次郎[おおむら おおじろう(※筆名)]  経営コンサルタント。元国税局調査官。


    【書誌情報+長いPR】
    定価 本体780円+税
    発売日 2016/4/1
    判型/頁新 書判/256頁
    ISBN 9784098252619

    〈 書籍の内容 〉
      税務署員もやっている手取り増額術を公開!
     ビジネスパーソンなら、毎月必ずもらっている給与明細。しかし、実際には、総支給額と振込金額だけ確認してあとはポイッ、としている人の方が多いはず。それぞれの数字の意味を理解している人は少ない。その内容を知らないということは、実はそれだけで大損しているのだ。
     給与明細には、収入だけでなく、貯蓄、税金、社会保障に関する情報が満載だ。この情報をうまく生かすことができれば、収入を増やしたり、支出を減らしたり、試算を大きくすることも可能なのだ。
     実際に支給されている額から、様々なものが天引きされている。税金や社会保険料がその代表だ。その天引きされているものを減らせば、手取りは増えるのだ。
     多くのビジネスパーソンは「会社がすべてをやってくれる」と思い込んでいることだろう。しかし、そうではない。会社は「最低限度のこと」しかやってくれない。ビジネスパーソンが使える所得控除13種類のうち、会社がやってくれるのは3~4種類に過ぎない。会社は税務署の代わりに、税務署の指示通りに社員から税金を取り立てているに過ぎないのだ。
     自分の給料をきちんとマネージメントするだけで、汲々とした生活が一新できるのだ。

    〈 編集者からのおすすめ情報 〉
    著者の大村さんは元国税調査官だけあって、お金の知識には長けています。そして、現役の税務署員がこっそりやっている、知られざる手取りアップの方法や申請するだけでもらえる社会保険のあっと驚く制度も大暴露。まさに知らないと丸損だと思い知らされる1冊です。
    https://www.shogakukan.co.jp/books/09825261

    【目次】
    序章 なぜ同じ給料なのに手取りが違うのか 
    第1章 給与明細を読み解こう 
    第2章 手取り額を増やす裏ワザ 
    第3章 あらゆる「控除」を使い倒せ! 
    第4章 「社会保険」のオイシイ制度を見逃すな 
    あとがき 

  • 税務署は基本的に不親切で、還付のあるものでも率先して告知はしてくれない。本書では己で調べ、申告する必要性があることを記載してくれている。

  • 日本はFinancial Interigenceが低い人が多いと言われている。
    各種控除、保険を利用した節税、制度の利用で可処分所得を増やすことが大切。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

(おおむらおおじろう)大阪府出身。国税局で十年間、主に法人税担当調査官として勤務し、退職後、 経営コンサルタント、フリーライターとなる。執筆、ラジオ出演、テレビ番組の監修など幅広く活躍中。一方、学生のころよりお金や経済の歴史を研究し、別ペンネームで30冊を越える著作を発表している。「大村大次郎」の名前での歴史関連書は『お金の流れでわかる世界の歴史』で初めて刊行、その後「お金の流れでわかる歴史」シリーズを展開

「2019年 『税務署・税理士は教えてくれない「相続税」超基本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

知らないと損する給与明細 (小学館新書)のその他の作品

大村大次郎の作品

知らないと損する給与明細 (小学館新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする