貧困女子のリアル (小学館新書)

著者 : 沢木文
  • 小学館 (2016年2月1日発売)
2.91
  • (2)
  • (3)
  • (20)
  • (8)
  • (1)
  • 109人登録
  • 20レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098252633

作品紹介

なぜ、こんなに辛いの? 30代女子の本音

社会的に注目されている貧困女子はシングルマザーなどが多かったが、ここにきて、短大や大学を卒業した30代女性たちが貧困状態に陥っていることが表面化してきた。街金での借金、親からのDV、男性への依存など、悲惨な現状はネットや雑誌でも話題になり、反響は大きい。学歴があるのに、なぜお金に困るのか、なぜ人生を捨てたような日常になってしまうのか。親や上司の世代には理解しがたい驚くべき現実、そして意外と共感できるという同世代の女性たち。社会問題としての貧困女子を浮き彫りにする。


【編集担当からのおすすめ情報】
DIME増刊『Suits WOMAN』のサイトで大反響を巻き起こした「貧困女子」を、追加取材でさらに深掘り。

貧困女子のリアル (小学館新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「貧困」にはまり込んで抜けられない女性たちの事例集。本人が悪い場合も、親が悪い場合も、または彼氏のせいだったり・・・理由は様々だが、貧困状態から抜けるための救いの手は差し伸べられない。
    こういった状態に陥らないためにも、親や先生といった人たちが読んでおくべきものだと思う。

  • 不運の分かれ道みたいなものが随所にみられる。例えば退職したとか。しかし子供は親を選べないからなー。親が原因の場合は救済処置が欲しいところ。

  • 貧困層になってしまう方々の多くは育った環境に問題のある場合が多いそうで、毒親から子を育てるの資質のない親まで、様々な事例があるそうです。一人でも多くの人が知り、自ら襟を正しつつ、啓蒙し、されて欲しいものです。

  • なんだこれは、という感じ。
    確かに貧困に陥っている「リアル」をレポートしているのだが、それだけ。こんな奴ばかりなのか、こんな奴らしか目に入らないのか、こんな風にしか見えないのか。
    こんなのを見せられて、支えてくれる男性が必要だとか、その一方で男は若い女しか相手にしないとか、社会的救済とか言われても、なんの共感もない。
    この著者がそんな風に考えてるんだろうね、何があったか知らないけども。
    問題提起ですらない。

  • 2017.03.12

    本当にリアルな内容だったけど、嫌悪感を感じる女性ばかり…自業自得だろって思うけど、なんかわかる…と思ってしまったり。
    それでも同じ年代でもきちんとやってる人はいるしね。
    やっぱり義務教育でお金の使い方、増やし方を教えるべきだと思う。
    みんな、一生付き合っていかなきゃならない自分のお金に無頓着すぎ。
    知ってるとトクをして、知らないと損することばかりなのに。そんな無頓着な人たちから1円でも掠め取ってやろうと企業は必死でいらないものや変なサービスを広告したり宣伝してるのに。
    自分のお金は自分で稼ぐ、守る、勉強する。他人に頼ってはいけないと改めて思った。
    専業主婦になりたいなんてもってのほか。

  • なぜそうなってしまうかが理解できないところがある。長期的視点が持てないのだろうか?

  • 正直なところ、個人的な印象としては自業自得。
    でも、現実的に計画性のなさで貧困に陥っている人が沢山いるのだろう。
    マネー教育はもちろんだが、ストレスとうまく付き合っていく自己コントロールの術も重要な気がする。

  • 1980年前後に生まれた、短大・大卒女性の貧困事例が書かれている。

    就職氷河期、ロスジェネ世代と言われ、なかなか思うような就職を果たせなかった彼女たち。

    とは言え、書かれた女性たちに何か共感できない。同じ時代に生まれてもきちんと自分の生活を成り立たせている女性は多くいる。

    大半が都内在住で地方より恵まれているだろうに、破綻した生活をしているのだ。

    同情できたのは毒親によって貧困になっている例だけだった。

    しかしこれまで貧困というワードでは取り上げて貰えない層の貧困話なので、興味深く読めた。

  • 「貧困女子のリアル」
    30過ぎの女性で貧困に陥った人たちのレポートである。11人の例がレポートされている。
    普通に大学、短大を出て定職に就き社会で活躍していても、借金で首が回らなくなり貧困に陥っている人たちである。
    現在の消費社会は女性をちやほやして消費に駆り立てているように見えるが、そんなものに踊らされて借金を重ねるのは身の程を知らないバカとしか言い様がない。同情に値しないと思うが、身近にいればそれはそれで迷惑かも知れない。
    その一方、家族の問題を引きずっていたり、ブラック企業にこき使われて体を壊したりといった社会問題と言える人もいる。
    本書には統計的なデータがないので社会全体としてどの程度深刻なのかはよくわからないが、派遣雇用の問題、格差社会の問題はそのベースにあるように感じられる。
    やはり、最高税率をもっと上げて金持ちから税金を徴収し、労働者の賃金はもっと上げる必要があるのだろう。
    それにしても女性は30過ぎると賞味期限切れ?
    日本は紛れもない長寿社会。若さを謳歌することに専念する女性はもう少し先も考える必要があるだろう。

全20件中 1 - 10件を表示

貧困女子のリアル (小学館新書)のその他の作品

沢木文の作品

貧困女子のリアル (小学館新書)はこんな本です

ツイートする