悩みどころと逃げどころ (小学館新書 ち 3-1)

  • 小学館
3.97
  • (54)
  • (63)
  • (37)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 571
レビュー : 72
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098252749

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 学校的価値観に縛られてる身としてはちきりんの意見に納得することが多々あった。

    あがくことそれ自体が楽になるために必要なプロセスなんだね。

  • ブロガーのちきりんとプロゲーマーの梅原大吾の対談集。

    テーマは教育論ということで、学校教育の恩恵を受けたちきりんと恩恵を受けなかったウメハラが対照的で面白かった。

  • 全く対極の考えを持つ二人の対談。ゲームの世界的トッププレイヤーのウメハラ氏と社会派ブロガーのちきりん氏。正解のない課題に対して、二人の意見が異なり、面白い。

  • 一気読み。これは面白かった。 梅原さんの話はストンと腑に落ちる。納得の一冊!自身が学校教育を受けてどうかんじていたのか、かつ学歴がまだまだ有効に機能していること(入り口だけとしても)、が授業つまらなかった生徒の視点から述べられており、非常に共感できる。

  • この本でしきりに出てくる既存の「学校的価値観」では答えに最短距離で近づくことが求められ、無駄なことはしないように教えられる。そこに反発した2人が教育について語り合う。結論としては他人に勝つ方法ではなく、自分の人生を楽しむ方法を自分で考えることが大切。

    楽しむためには自分の人生を生きるフィールドを見つけなければいけない。自分のフィールドでそこで生きていくという納得感が必要だ。やりたいことがあったら頭で考えるだけでなく、とことんまで突き詰めて自分の限界を知らなければいけない。どうしてもだめならまた違うフィールドにチャレンジする。そうやって一見無駄に見える回り道をすることでしか自分の人生に心から納得することはできない。

  • ちきりんと梅原氏の3年に渡る対談の結晶。正反対の意見の二人が真っ向からぶつかる様は、読んでいて清々しい。

    以下注目点

    ・常に考え試行錯誤して試行錯誤して新たな技を試し続けているか。その技を体得するために誰よりも努力してきたか。
    ・今回トライしたプレーが、今後の高い勝率につながると思える動きだったなら、たとえその対戦で負けてても、プロとして結果を出したと思える。
    ・なんとか一歩でも前に進まないといけない状況が楽しさの源
    ・敗北を受け入れられないのは、とことんやってないから。
    ・もがきあがく体験。
    ・器は成長の限界ではない。成長の場所。
    ・負けが続いても全く迷わなくて良い。
    ・精神的自由は、お金が入るほど損なわれる。

  • 梅原大吾さんの考えは納得できるのですが、対談相手の方の考え方はどうなんですかね…。二人の考えが違ったからと言っても、それはそれで良いんですけどね。

  • 本を読みつつ、自分の学校経験を振り返る。
    いい学校行ってもいい人生送れるわけではない。
    先生も人間だと小学校低学年、幼稚園で気付いた。
    私の子が私のようにならないように、もしくは、早くから世の中の競争社会に慣れてほしい、自分で人生を選択する力をつけていって欲しい、そのためにはどうしたらよいのか、その答えを見つけるため、読みながら考える。

  • 早く行きたければ一人で進め。遠くまで行きたければ、みんなで進め。
    今この市場では何がも飲められているか、それを嗅ぎ取るスキルが重要
    他者がどう思おうと、自分はこうだから幸せです
    自分で人生を決めたという納得感
    敗北が受け入れられない人の多くは、とことんやっていない
    お金で手に入る自由っていうのは、物理的な自由。精神的な自由に関しては、お金が入れば入るほど制限が多くなって、むしろ損なわれてしまうことが多い
    目の前の美味しそうな人参を食べる前に、これを食べたら、何がどう変わるんだろうと考える必要がある

  • まあなかなか良いかも

全72件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

【ちきりん】社会派ブログ「Chikirinの日記」運営者

「2013年 『強く生きるノート 考え方しだいで世界は変わる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

悩みどころと逃げどころ (小学館新書 ち 3-1)のその他の作品

ちきりんの作品

ツイートする