悩みどころと逃げどころ (小学館新書 ち 3-1)

  • 小学館
3.97
  • (54)
  • (63)
  • (37)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 571
レビュー : 72
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098252749

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  学校に行くことの意義について考えさせられます。大人が作り上げたシステムに乗って優等生になろうとするよりも、自分で問題点を探してぶつかって考えていくことが大切ですね。
     「ひきこもりの子の中にはそういうことに早い段階で気が付いてしまった人たちがいる」と、以前に別な本に書いてありましたが、この対談本を読んで、なるほどなぁと思い出しました。
     徹底的に自己と向き合った人は強いんですね。

  • ちきりんさんとプロゲーマーのウメハラさんの対談本。様々な問題についてまったく考え方が違う二人が、対話を続ける中で人生の課題に対して意見をまとめていく、みたいな構成の本で個人的にはすごく楽しめた。この対談を通じてお二人自身の人間の幅が広がっていくのを読み取れるのも面白い。そして読者もこの本を読むことで考え方の深みが増す、という構造になっており、筆者良し、読者良しの本だな、という印象。

  • カリスマゲーマー梅原大吾と、社会派ブロガーちきりんの対談。
    梅原氏がゲームを極める仮定で考え会得してきた人生哲学のようなものに対して、ちきりんが質問をし、梅原氏とは他の角度から突っ込みを入れることで、読みやすくかつ理解しやすい内容になっている。

    梅原氏の著書は、この本以外にも2-3冊読んでいるが、まるでイチローや羽生名人のような、その道に対する精進を続け極めた人だけが持っている哲学・確信の様なものを感じる。

    もっと言えば、ゲームという業界はメジャースポーツに比べ、はるかに社会からの評価が低いため、インタビューの機会も限られているし、分かりやすく研ぎ澄ました言葉で語らないと社会に採用し拡散してもらえない。その分、他のスターに比べて、より強い切迫感をもって言葉を語っている感もある。だから、彼の言葉は、強く深く本質を伝えてくれるように感じる。

    ちきりんはそれを分かっている。そして梅原氏に強烈な興味を持っている。だからこそ、ちきりんは自分の気持ちや経験に正直になって、時に梅原氏の意見と反対の考えをぶつけ、それに対する議論を生ませようとする。その結果、非常に優れた議論になっていると思う。

  • 正反対の二人が学校、人生などについて対談していて、どちらの意見も説得力があるので自分の場合はどうだろうかと考えさせるとても良い本でした。

  • レジのお金が無くなると、学歴の低いものから疑われる

    煽るちきりん、20年後に対談?

    学校教育の有用性?について

  • 自分の人生なんだから、なんで自分で決めないの?

  • 考えることを与えてくれる本。
    私たちは本当に、考えて、自分の意見を持って生きていかなければならない。
    流されては行けない。
    みんなと同じが安心ではない。

  • ちきりんさん、好きです。

    図書館で予約して、かなり待たされてようやく手元に来ました。読書中。

  • ◆きっかけ
    「特許翻訳者をやってます!!」2016/8/8記事で紹介されていて。2017/2/17

  • 日本人の行儀良さは、やはり学校教育なのか。悪く言われがちだが、良い面は見えにくいだけで、たくさんあるのだろうな。

全72件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

【ちきりん】社会派ブログ「Chikirinの日記」運営者

「2013年 『強く生きるノート 考え方しだいで世界は変わる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

悩みどころと逃げどころ (小学館新書 ち 3-1)のその他の作品

ちきりんの作品

ツイートする