悩みどころと逃げどころ (小学館新書 ち 3-1)

  • 小学館
3.97
  • (54)
  • (63)
  • (37)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 571
レビュー : 72
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098252749

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人は最終的に自分で考え、自分の意思で決断して人生を生きなければならないと感じた。プロゲーマーとブロガーの対談というまったく接点のなさそうな二人の対談は非常に面白かった。

  • とてもよかった。
    自分は学生なのですがこれからのことについて考えていたことと重なる部分が多く、両者ともの言っていることに共感できた。
    自分に足りないものはいまこれだ!と言えるものというか、これをやりました!ってものだと感じた。一度これをやりました!って言えるぐらいやろうと思った。

  • 社会派ブロガーとプロゲーマーによる人生談義。
    全く考えが異なる二人のやりとりを追うのは、それはそれで楽しいけれど、自分も参加する気持ちで読みたい一冊。
    梅原さんが言う生き方をしていたら、大半の人が道半ばでお迎えがきてしまうと思う。だからこそ時間の大切さを、本当の意味で理解しなければいけない。
    「辛かったら逃げてもいい」という言葉はよく聞くけれど、ちきりんさんが使う場合の解釈は「自分で自分の居場所を創ること」で、こちらの方が断然いいと思った。
    最終的に「自己決定」が重要。どうせ負けるなら自分自身に誠実な敗者になろう。
    タイトルが内容にそぐわないのが残念。

  • 結論は「人それぞれ」ということ。それだけ切り取ってしまうと毒にも薬にもならない本みたいだけど、考えるきっかけを与えてくれる本だと思う。
    ちきりんのまえがきにあるように、ちきりんは「発想」を、ウメハラは「姿勢」をベースに話していると思う。

  • <目次>
    第1章  学歴~「学校って行く意味ある?}(ちきりん)「大アリです!」(ウメハラ)
    第2章  競争~「寝てた僕が悪いんです」(ウメハラ)「いえいえ、悪いのは先生です」(ちきりん)
    第3章  目的~「なにより結果が大事!」(ちきりん)「ん?結果よりプロセスです」(ウメハラ)
    第4章  評価~「どうやったら人気が出るの?」(ちきりん)「自分のアタマで考えてください」(ウメハラ)
    第5章  人生~「興味を持つ範囲が広いですね」(ウメハラ)「ウメハラさんが狭すぎるんです」(ちきりん)
    第6章  職業~「やりたいことがあるのは幸せ」(ちきりん)「いや、それが結構つらいんです」(ウメハラ)
    第7章  挫折~「つらい時は逃げたらいいんです」(ちきりん)「えっ、逃げたらダメでしょ⁉」(ウメハラ)
    第8章  収入~「お金じゃないのよ」(ちきりん)「それ、クチで言うのは簡単です」(ウメハラ)
    最終章  未来~「目指せ!社会派ゲーマー!」(ちきりん)「長生きして待ってください」(ウメハラ)

    <内容>
    全く接点のないような二人の対談集。東京のR&Bという書店であった対談からこの企画が生まれたよう。あとがき代わりのエピソード部分を読むとわかる。内容的には、最初は噛み合っていないような(というか、私の思ったのとは真逆なスタートだった。たとえば、ウメハラが「学校に行った方がいい」、ちきりんが「それは違う」なんて…)流れで、ウメハラにちきりんが押されている感じだったが、噛み合ってくると、人生論的なことが次々と話される。私には、特に「先生の役割って、本来は、こうやって遊ぶ(過ごす)と、人生楽しいよーって教えることだと思うんです」の部分(ちきりんの発言)。それに対し現状では、「学校的価値観」がそれを歪めているってところ。
    まあ、それは認めるとしても、すべての教師が「考えるな、ひかれたレールを進め」とばかり言ってないと思うんだけどな。

  • カリスマ社会派ブロガーと世界一プロゲーマーが“学校教育”を語る

    「学校って行く意味ある?」ちきりん
    「大アリですよ!」ウメハラ

    「なにより結果が大事!」ちきりん
    「ん? 結果よりプロセスですよ」ウメハラ

    「つらい時は逃げたらいいんです」ちきりん
    「えっ、逃げたらダメでしょ!?」ウメハラ

    みごとにかみあわない本音の対談が魅力的

  • 働き方や人生の送り方の討論本。
    学校の教育方法についての議論が多い。
    ちきりんの上から目線は読んでると、すこしいらっとする

  • 2016年前半で読んだ本の中で最もビビビときた。
    学校教育をテーマにした対談本だけど、私がモットーにしてる「きちんと考えて納得感をもって人生を送る」にフィットする部分があって、面白くて一気読み!

    断捨離魔にしては珍しく図書館で借りずに買った本だったけど、買って大正解だった~◎

  • とくに難しいのが、「頑張りどころ」と「逃げどころ」でしょう

    誰かに答えを与えてもらおうとする前に、自分で考える訓練をしていないから

    アフリカのことわざ 早く行きたければ一人でいけ、遠くまで行きたかったら、みんなで進め

    多様性を欠く組織では刺激が少なくて発想が拡がらないし、クローズドな環境って人間関係が固定するので、遠慮や上下関係が生じる。だから遠くに行くためには、オープンで多様性に富んだ組織になることが必須なんです。でもその転換がなかなかできない

    三大屈辱語 つまんない、情けない、ずるい

    自分で人生を決めたという納得感があること

    家族のため、親のため、もう自分もいい年だから等 思考停止を正当化できる呪文

    これくらいの人間なんだっていう気持ちに対する納得感がたかいことが、良い人生だと感じられる理由

  •  川上量生や武井壮も言っているように、「考える奴は強い」ってことなのだろう。
     人間は考える葦なんだね。

全72件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

【ちきりん】社会派ブログ「Chikirinの日記」運営者

「2013年 『強く生きるノート 考え方しだいで世界は変わる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

悩みどころと逃げどころ (小学館新書 ち 3-1)のその他の作品

ちきりんの作品

ツイートする