東京裁判をゼロからやり直す (小学館新書)

制作 : Kent Gilbert 
  • 小学館
3.82
  • (2)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098253234

作品紹介・あらすじ

「日本軍=悪」の洗脳を解け!

東京裁判の判決、A級戦犯の処刑から70年の節目に、アメリカ代表のケント・ギルバート氏と日本代表の井上和彦氏が、歪んだ自虐史観の元となるこの不当な裁判をもう一度、やり直す。日本を戦争に追い込んだのは誰だったのか、日本軍=悪というレッテルはどこで作られたのか、真珠湾攻撃や南京大虐殺の真相とはなんだったのか。正しい歴史の事実から、この裁判がいかに不当に行われたものだったかを立証する。そして、東京裁判史観から始まる、GHQの洗脳、リベラル派の自虐史観、中韓の反日戦略に終止符を打つ。日本人が知るべき、本当の歴史がここにある。

【編集担当からのおすすめ情報】
弁護士として東京裁判の不当さを訴えるケント氏と、軍事ジャーナリストとして大東亜戦争の真実を伝えようとする井上氏。日米の歴史に通じた2人が、不当判決から70年の節目の年に、ゼロから東京裁判史観を見直します。「対談の名を借りた共同研究」と言うべき本格歴史読み物です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東京裁判だけでなく、前の大戦に絡む、米国とうちの国のいろんなことを軍事漫談家とアメリカの弁護士が語る。
    いや、いい内容なんだよ。本当に。
    ケントさんの視点が、あれ、そうかよと思うことはあって、だけどそれは米国人としてはそうなんだろうなという本音のところではあるんだな。
    憲法談義とか、9条だけでなく、日本がどうあってどうしたいかっていう議論が前提だろうと思う。
    そういう議論をしたくないから、9条死守とかで時間稼いでるつもりなんだろうな。
    もう、死ぬで。

  • いい本だ。
    中学生くらいからでも読める。

  • マッカーサーが卑劣な男に思えてきた

  • 特に新しい話はないが、やっとこういう当たり前のことを普通に言えるようになったのは感慨深い。でもやっぱりマスコミを何とかしないと。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1952年、アイダホ州に生まれる。1970年、ブリガムヤング大学に入学。翌1971年に末日聖徒イエス・キリスト教会のモルモン宣教師として初来日。経営学修士号(MBA)と法務博士号(JD)を取得したあと国際法律事務所に就職、企業への法律コンサルタントとして再来日。弁護士業と並行して英会話学校「ケント・ギルバート外語学院」を経営。2015年、アパ日本再興財団による『第8回「真の近現代史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞。『日本人の国民性が外交・国防に及ぼす悪影響について』と題した論文は、日本人の誠実さなどを「世界標準を圧倒する高いレベル」と評価。一方、その国民性が「軍事を含む外交の分野では、最大の障害になる」とした。読売テレビ系『そこまで言って委員会NP』、DHCテレビ『真相深入り!虎ノ門ニュース』などに出演中。著書には、『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(PHP研究所)、『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』『中華思想を妄信する中国人と韓国人の悲劇』(以上、講談社)、『日本人だけが知らない世界から尊敬される日本人』(SBクリエイティブ)など多数。

「2019年 『天皇という「世界の奇跡」を持つ日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東京裁判をゼロからやり直す (小学館新書)のその他の作品

東京裁判をゼロからやり直す Kindle版 東京裁判をゼロからやり直す ケント・ギルバート

ケント・ギルバートの作品

ツイートする