「学び」を問いつづけて―授業改革の原点

著者 :
  • 小学館
3.86
  • (3)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098373598

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ずいぶん前の論文も入っている本ですが,なかなか刺激的でした。昨今の「学力問題」問題を考える時の基準にもなりそうです。
    「本来の発問は,触発的な発問だと思う。答えを言わせる発問ではなく,教師の発問が刺激となって子どもの探究がはじまる発問こそが真の発問である。」と佐伯氏。仮説実験授業の「問題」は,まさに,こういう発問の代表と言えるでしょう。
    「<問う>ということを教えるのでなく,教師が頭に描く<答え>を当てさせるための発問はすべて非・教育的発問と言わねばなるまい。」
    ここまで切っちゃうと,浮かばれない現場教師がウヨウヨいそうです。

  • 読みかけ。。。

  • 方向を見失ったとき、読み返すと、どこに向かえばいいのかが見えてくる。

全3件中 1 - 3件を表示

佐伯胖の作品

「学び」を問いつづけて―授業改革の原点を本棚に登録しているひと

ツイートする