学ぶ意欲とスキルを育てる―いま求められる学力向上策

著者 :
  • 小学館
3.53
  • (4)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 82
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098373710

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ずいぶん前の本だけど、今もそんなに古びている感じはしない。なんだろうなあ、「ゆとり」は、本来目指していたところから全然違うところに振れちゃったので失敗した印象。考え方自体は穏当なものだったんじゃないかなあ。

    最後の和田氏との対談で、和田氏が「数学は記憶だ」はちょっと言い過ぎた(誤解を招く)みたいなことを言っていて、ほお~~、と思った。

  • 市川先の、わかりやすい授業、子どもが自分から意欲的に学べる授業の作り方を解説した本。
    実践的でわかりやすかった。

  • 第一章 「学力と学習をどうとらえるか」
    学力を単なる知識・技能のみとせず、学習意欲を高く保つ力や、学んだことを更に追求・活用していく力などとしても捉える(評価のしずらい部分ではあるが)。学習することの本質は、①なりたい自己 ②なれる自己 を広げていくためと著者は答えている。

    第二章「学びの文脈づくり〜学ぶことの意味が見える課題と活動」

  • 2004年刊行。

     市川教授らしい「教えこんで考えさせる授業」を解説。
     また、家庭学習について、その習慣づけ、復習はもとより、賛否両論のある「予習」の重要性と生わかり状態で授業に臨むことの意義をうまく説明している。
     個人的にではあるが、予習不要論者は学生の力量を些か過大評価しているきらいがある。人間は一度聞いただけでは理解できないことが多いし、理解できるとしてもその範囲は限定的なのだ。

     ただし、市川教授の書籍を読んだことがあれば、本書もまた既読感が生まれるのは止むを得ないところか。

  • 児童・生徒に学ぶ意欲を持たせるにはどうしたら良いかについて認知心理学の分野から分かりやすく記述してある一冊です。特に,予習の有効性や授業方法の検討等についても触れられており,教員を目指す学生にお薦めします。さらに,「分かる」授業とは何かを悩んでいる人にとっては1つの知見になると考えます。

    *推薦者(教教)Y.K
    *所蔵情報
    https://opac.lib.utsunomiya-u.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB00365481&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • <閲覧スタッフより>
    「教えずに考えさせる」から「教えて考えさせる」へ。子どもたちの学習スキルが変わりつつあるのなら、教育方法だって見直してゆかなくてはおかしい。現代の子どものための現代の育成策を提案しています。
    -------------------------------------------
    所在番号:375.1||イシ
    資料番号:10160949
    -------------------------------------------

  • 学力とは何か
    学びの文脈
    教えて考えさせる授業
    家庭学習と学習スキル

  • 図書館で借りた。
    教育方法論で使用した参考文献

  •  認知心理学者で教育学者でもある市川伸一氏の本です。
     本書の発行は,2004年ですから,今のようにネコのしゃくしも「学力向上」と叫ぶちょっと前のことです。
     さすが学者だけあり,「これまでの授業や学習方法では,子どもたちがついいてこないのは当たり前だ…」という前提で話が進んでいくので,読んでいて気持ちいいです。だって現場では,勉強しないのはほとんど子どものせいになってしまうんですから…。子どものせいにしているうちは,教師の進歩はありませんからね。
     「基礎から積み上げる学び」と「基礎に降りていく学び」,「なりたい自己」と「なれる自己」など,教師として今までの実践を振り返るキーワードがあります。「教えて考えさせる」という授業のバックボーンが分かります。
     ただ時間を使うだけの問題解決学習にはおさらばしましょう。
     子どもたちが自分のノーミソを使って思わず考えたくなる場面でこそ,じっくり考え討論させればいいのですから。

  • 工事中

全12件中 1 - 10件を表示

市川伸一の作品

学ぶ意欲とスキルを育てる―いま求められる学力向上策を本棚に登録しているひと

ツイートする