中学改造 学校には何ができて、何ができないのか

  • 小学館
3.07
  • (0)
  • (3)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098400775

作品紹介・あらすじ

日本再生は公立校改革から始まる!白熱の論議が生んだ明日を担う子どもたちを育むための提言集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 学校のありかたそのものが変化を求められているのは、よく わかる。
    発刊は約10年前なので、この時からどう変わってきたのか。

  • 「公立校の逆襲」に続けて読んだので、
    藤原さんの構想が形成される途中の本と感じる内容だった。

    教育改革=教師改革に始まり、子育てまで、
    小~大学までの一時の教育ではなく、
    教育を生涯教育と捉える。

    詰め込み教育はダメ、ゆとり教育もまたダメ。
    日本人として、教育でどんな人間をつくろうとしているのか
    自分ごととして考えさせられる。

  • 民間校長の書いた本。
    これからの中学校について。

全7件中 1 - 7件を表示

藤原和博の作品

ツイートする