やらかし男子がみるみる変わる育て方: 小学生でもまだ間に合う!脳科学者が教える (教育単行本)

  • 小学館 (2016年1月27日発売)
3.60
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098401666

作品紹介

脳科学で息子を賢く変える方法教えます!

母親にとって、”異性である”息子は異星人。

小学生になると、不可解な現象はパワーアップ!
学校のルールも守れないなんて日常茶飯事、
びっくりするようなやらかし行動の数々が
母を待ち受けます。

毎日毎日繰り返される忘れ物の数々。
持って行ったと思ったらなくして帰ってくる学用品。
出かけ先でも大暴れ。
片づけない部屋は魔窟と化し、
「鏡見たの?」といいたくなる珍格好で学校に行く・・・。

もちろん勉強なんてどこ吹く風で
ゲームざんまい。
外に飛び出していったと思ったら、帰ってこない。
ついには、エッチなことにも興味を覚え始め・・・。

そんな、お母さんの悩みの種を漫画化。
「ためしてガッテン」「クローズアップ現代」「とくダネ」などでおなじみの
脳科学者篠原先生が、脳の発達の見地から、
原因と対応策を解説してくれます。
さらに、脳科学や心理学の実験結果も引用し、
効率的に男の子を「賢く我慢強く自ら学べる」子にする方法を紹介します。

【編集担当からのおすすめ情報】
「どうして、うちの息子はダメなのか。」
「私の育て方が悪かったのかしら?」
と、息子さんやご自身を責めているお母さん、
安心してください、悪いのは男の子の脳のしくみです!

男の子ならではの脳を知って、鍛えてあげれば、
みるみる立派な男の子に変わります。

「えっ?これまさにうちの子じゃ・・・」
という爆笑コミックもついてます。

息子さんの悩みを笑い飛ばせるようになる1冊です。

やらかし男子がみるみる変わる育て方: 小学生でもまだ間に合う!脳科学者が教える (教育単行本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男性脳の取扱説明書みたいなものだと感じました。
    ある程度は訓練で脳の発達を即したり、改善はできるのかもしれませんが、遺伝的な素質は変わらないので、最終的には『温かく見守りましょう』『あまり目くじら立てないように』『そういう生き物なのです』という感じなので、決定的な改善策にはなりませんといった風に読めました。

    しかし、本書を読むことで、うちの子だけがこうじゃないんだと思ったり、なぜ変な行動をしたり、何度言い聞かせても聞いてくれないのかという謎がある程度は理解できると思います。

    子どもの行動理論が頭で理解できても、やはり問題行動が治したい、どうしても変えたい! と思う気持ちが改善されることはありませんでした。それでも、読むことで行動の理解が深まるので、なんで言うことを聞かないんだろう? 何度同じことを言えばいいんだ! という気持ちは少しは収まる本だと思いました。

    うちの三歳の息子も落ち着きがないくせに、電車で遊んでいるときの集中力は凄いので、興味がないものにもある程度の集中力を維持して欲しいと思います。

    毎回同じことを注意して疲れてくると、脳に障害があるんじゃないかと思えてしまうときもあります。脱いだら洋服をたたむなど基本的なことを地道に言い聞かせて訓練するしか道はなさそうです。

    保育士の先生が一度言って分かる子もいれば、百万回言ってやっと伝わる子もいるのであきらめないで! と助言をしてくれました。

    ああ、そうなんだと思う反面、一万回注意すると一生かかるのでは? ともあきらめの気持ちもあります。

    何度言っても聞かず『お片づけ時にはおもちゃを優しくおもちゃ箱へ入れてねって何度言えば分かるの!バカなの!何度言えばいいのよ?残念な子だ!まったくダメな子だ!使えない!』と考えつく限り罵倒しました。

    すると、息子が泣きながら『ダメな子じゃない』と言い張ったので、『ママも怒りすぎたねごめんね。でも素直な気持ちなのよ。これ以上残念な子だと思わせないように頑張ってね』と仲直りしましたが、次の日にはまた同じ行動を繰り返し、私はまた怒るのでした。

    そんな日々の繰り返しを働いているだけのパパは全く知らないの人が大多数だと思うとまた腹立たしいです。もしかしたら男性への教育というのは時間の無駄なのかもしれないと思うこともあります。

    読書感想文から逸れてしまいましたが、とにかく男児の教育は赤ちゃんから成人したはずの大人まで、いくら言ってもまったく言うことを聞かないし、思い込みが激しくて腹立たしい! の一言につきます。

    そんな気持ちを本書を読むと少しは押さえられると感じました。毎日ふとした瞬間に、バカを育てているんじゃないかと思うと、むなしくなってしまうので、なんとかしたいと思います。

  • 2016/03/20

    まるで我が子のことを書いてあるようだ。

    ガマンの練習。
    叱られることに慣れてくるので、メリハリをつけてガツンと叱る。
    擬音で表現して注意をひきつける。
    努力を褒める。
    やめる行動と次の行動をセットで伝える。

    男脳のせい!!と割り切って理解できないものとする!

全2件中 1 - 2件を表示

やらかし男子がみるみる変わる育て方: 小学生でもまだ間に合う!脳科学者が教える (教育単行本)のその他の作品

篠原菊紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする