アオイホノオ (23) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.84
  • (6)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 70
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784098501380

作品紹介・あらすじ

漫画でモテたい! 新章突入──!!

時は1980年代初頭───


近い将来、ひとかどの漫画家に

なってやろうともくろむ

一人の若者がいた。


男の名は焔燃。


劇場版「うる星やつら」公開!!

その完成度がホノオの心を撃ち抜く!

そして、短期連載を終えたホノオの次なる目標は……モテる漫画……??


目覚める欲望、滾る野望!

未知なる技術「モテ」へと突き進め!!

熱血芸大生の七転八倒エレジー

君は黒歴史を目撃する───23巻!!

【編集担当からのおすすめ情報】
島本和彦のリスペクト全開!!

劇場版「うる星やつら オンリー・ユー」へのとめどない愛を完全収録です!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • えっ何これアニメコミック!?と思うほどクオリティの高い『うる星やつら オンリー・ユー』全力回想。あの頃の僕らにとってもあの作品は衝撃だった。『宇宙戦艦ヤマト 完結編』『タッチ』など、身に覚えのありすぎるインパクトの連続の中、同時代の作家として歩む炎尾(=島本先生)の苦闘はいかばかりだったか…。想い出とともに感情移入度も上がる23巻でありました。

  • 俺と高橋留美子の戦いだからだ!!
    高橋留美子は倒さねばならない相手だから・・・!!

    高橋留美子は救助され残った俺は太平洋にひとりぼっちか!!

    相も変わらずこの自意識過剰っぷりが熱く痛く面白い!

  • 「うる星やつら オンリーユー」を観た話と、初めての週刊連載を終えた話。オンリーユーはTVシリーズの劇場版としての王道を行ってたなぁ。
    次は石渡治のアシスタントをするという話らしい。意外。

  • オンリー・ユーを観に行った時の気持ちを思い出すドンピシャな内容でした

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

監訳を担当した島本和彦は、1973年に創刊された「月刊バスケットボール」の創刊編集者で、後に長く編集長を務めている。NBAのテレビ放映のはじまった1987年より解説を担当し、分かりやすく親しみやすい口調でNBAやバスケットボールの普及に貢献してきた。コービーの所属していたレイカーズの先代オーナー、ジェリー・バス氏とも親交が深く、歴代のエースたちへの取材も数多くこなしている。MJなきあとを支えたコービーにはルーキーの時から取材し、その身体的・精神的変化を細緻に見つめてきた。

「2019年 『KOBE BRYANT THE MAMBA MENTALITY HOW I PLAY』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島本和彦の作品

アオイホノオ (23) (ゲッサン少年サンデーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする